コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ

タグ:アジア・ハイウェイ

ベトナムに入国してしばらくはカンボジア国内と差ほど変わらない田園風景がアジア・ハイウェイ沿いに広がる。しかしながらカンボジア国内と違って交通量が歴然と多くなり、カンボジアではそれほど眼にしなかった輸送車が日本国内と変わらない比率で道を埋める。交通量が多く ...

例祭で盛り上がる「チフー」の寺院を出てすぐ国境街である「バヴェット」に入る。カンボジア・スヴァイリエン州はベトナムと陸路で接っし、玄関口である「バヴェット」の町は第三国人にも開かれている陸路国境なので雑然とした中に営業を停止したカジノ・ホテルや新規に開業 ...

プラソット(プラサーアット)の市場を出て隣町の「CHIPHOU(チフー)」を走りきる直前、バイパスの傍らにローカル女性の着飾った集団が行き来するのを見かける。小さな辺境の集落の割りに大きな規模の(小乗)仏教寺院で例祭が執り行われていてはバイクを停めて僕も参加する ...

カンボジア・スヴァイリエンでの滞在を切り上げ、よほどプノンペンを目指そうかとも思ったのだが日程的にタイトになりそうなので来た道をホー・チ・ミン(サイゴン)へ向けて帰路に就く。往路は時間も押していたし、日も傾いていたのでわき目も触れずに飛ばした道のりを、復 ...

辺りがすっかり暗くなり、元々少ない人影がさらに減る時間になって重い腰を上げては呑みに出かける。バイクに乗ってまで呑みに行くのは酔って帰るのに面倒くさいので、相変らずの宿前の雑貨屋で飲み始める。カンボジア辺境の雑貨屋に気の利いたおつまみなどあるはずも無いの ...

カンボジア・スヴァイリエンで宿泊した宿は町南端の「ワイコ湖湖畔」にあり向かいにはそこそこの規模の商店街があり、一番西側の店などはババー一人で切り盛りしているくせにほぼ24時間営業でババーは何時寝ているのかw東南アジアの雑貨屋などはほぼ先進国のコンビニ並みの ...

宿を決める前に街中をバイクで流している時に目に付いた「ワイコ湖湖畔の屋台村」に夜半になってから夜呑みに出向く。結構な数の店舗があるのに、どの店も扱っているのは「フォー」とそのトッピングをつまみに呑ませる酒のみの、ベトナム風に言うところの「コム・フォー屋台 ...

 スヴァイ・リエンに到着してアジトを決め一夜を過ごした翌朝。宿からチト離れた「Veal Yon Market (ビール・ヨン市場)」へ。質素な地方都市のわりに市場の規模は大きく、扱われる商品の種類や在庫の多さに驚き、これほどの人々が住んでいたのかと驚くほどの活気に再度w ...

ベトナム・カンボジア陸路国境線上の両国を跨ぐ碑をベトナム側からカンボジア側に回り込み緩衝地帯をカンボジアの入国ゲートへ向う。ここでカンボジア・ビザを手配して陸路国境越え完了。入国ゲートを出るとそこは「スヴァイ・リエン州バベット」の町があり、ベトナム側から ...

ベトナム到着翌日。ブイ・ビエン通りの「絵画屋」のオーナーが副業でやっているらしい「レンタル・バイク」を借りて街の北西方面を目指す。そこには「モクバイ」と言う名の国境街があり、ベトナムのこの辺りでは唯一第3国人にも陸路国境越えが許されたボーダーがある。アジア ...

ベトナム国内、アジア・ハイウェイでのデフォルト。 相手は対岸に停車してるトレーラー車だろうなぁ。 まぁ、ベトナム・ホーチミン(サイゴン)郊外の街道沿いでは、日に何度 ...

道が粗かったカンボジア。 ベトナム国内の道路の舗装具合が本当に「鏡の上を走っているかのよう」に感じたカンボジアの道すがら。 どっちが良いってものでも無いけれどね。w ...

ベトナムの地を這いつくばっていると、目にする外資系ファースト・フードは「ロッテリア」か「KFC(ケンタッキー・フライド・チキン)」のツー・トップに気付く。 カンボジアからサイゴンへの帰り道のアジア・ハイウェイ傍にロッテリアを見つけたので、小腹を埋めようと試 ...