コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

タグ:まちぐゎー

今年何度か沖縄県那覇市に滞在してはさまざまなショップやレストランを利用した。 そんなこんなで街中をそぞろ歩いていると567禍で営業を自粛しているのか、はたまた台風で閉店を余儀なくされているのかシャッター通りを商店街の中で見かける。そこにはさまざまなグラフ ...

2016年に一度だけ、ツレのアテンドで訪れた那覇・泊にある水産市場の「泊いゆまち」。まだ観光客が動き始める前の早朝だったせいか閑散とした印象だったけど、市場自体は既に朝の準備を続けている活気があった。僕らは朝飯を食らいに訪れたのだが、オープン直後のような「来 ...

実は先週末の連休でまた沖縄に向かおうと思っていたけど、仕事じゃぁないし非常事態宣言下だしでやめた。 先々週は那覇にいて、その前の週は宮古島にいたけど。 宮古島での滞在は晴天下の炎天下。 那覇は一変した台風の最中で外出もはばかられるほど。 そんな那覇 ...

先週・先々週の続きで。時期的にも同じ2016年ころ。 タイムリーに先週この場をそぞろ歩いては最新の状況を観察してきた。567禍の影響と台風が直撃したためなのか多くの個人商店が閉じていて寂しい思いをしたけれど、営業している店舗は元気に頑張っていた。そんな画像は次回 ...

先週の続き。 僕的にはタイムリーな沖縄・那覇帰りの身w懐かしいと言うよりさっきまでいた。画像自体は2016年時の滞在もの。今回の滞在の画像はまたに。機会を見てw シックスサマナ 第37号 俺たちのドリームハウスクーロン黒沢(著)、鈴本リク(著)、コイワカメラ(巻末 ...

3週前にネタにした沖縄・那覇・安里の「栄町市場」。 前回は半開きな昼間の風景を羅列したけど、今回は「夜バージョン」 。泥酔して市場を出ると目にするレッド・ライト。海外ではこんな場所を「レッド・ライト・ディストリクト」と呼ぶ。今現在の日本ではあまり目にしないけれど ...

この時の那覇滞在もナガンヌ島滞在のストップオーバー。那覇市内で特に行きたい場所や赴きたい場所がないので結局は被写体探しにカメラを携えて向かうは市場。久しぶり訪れて変化を確認したいのか、飯を食らいたいのか、夜呑みの場所を探しているのか、お土産の下見か、はた ...

沖縄美ら海水族館のお膝元である本部町の町営市場。 美ら海水族館周辺はしっかりと土地開発や整備が行き届き観光地然としているけれど、市場周辺は昔ながらの田舎の風景。近年は観光客誘致のためにいろいろな企画やイベントを行っているようだけどコロナが来ちゃったか ...

那覇市内で一番集客力のある「牧志市場」のある牧志駅から一駅奥の「安里駅」から数分の場所にある「栄町市場」。どちらかというと「飲み屋」需要の店舗の方が多い感じもあるけれど、モチロン昼間や朝方も営業している店もあり、ローカル感の強い本物の「まちぐゎー」。 昼 ...

沖縄・那覇中心部のマーケットの昼夜 パート5。この時の那覇市内の画像は主に石垣島への行き来の途中の滞在時のもの。ツレがいたので赴く場所は全てツレ任せの他力本願w看板のフォントや標識の表示、商品の陳列方法に「東南アジア」を感じさせる那覇の町並み。本州在住者には ...

沖縄・那覇市中心部のマーケット・シリーズ パート4。国際通りや市場通りを行ったり来たり。市場の概念が希薄な首都圏から訪れるとどうしても市場散策が止まらないのは市場を中心に栄えた街並みの珍しさ。にぎやかな、活気のある商店街ってのも今や全国的に稀有で、昭和の美 ...

那覇のマーケット特集のパート3。 今回は市場通りから脇道にそれて広がる「まちぐゎー」の数々。 庶民的な商材や街並みやおばぁー達や。日本の本土ではなく東南アジアでもない。どちらかと言うと東南アジアよりのアジアの雰囲気のある沖縄・那覇市内のたたずまい。アジアし ...

先週の続編。 今まで訪れては滞在した那覇市街地のマーケットの様子を時系列で羅列しながら。生鮮品だけでなく食堂のメニューでさえ想像のつかないものばかりだった初めての沖縄滞在。今では離島の商店が一つしかないような場所でも何不自由なく過ごせるほどにw人の慣 ...

10年ほど前から、年に1〜2度は訪れる沖縄県。滞在は離島にするにしてもベースになるのはやはり那覇。辺境へ向かう前日と帰路の一日は必ず那覇で過ごすので、必然的に中心部のマーケット・エリアである国際通りやその奥の「まちぐゎー(ローカルの商店街)」はうろつくわけで。 ...