コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

カテゴリ: フィリピン

2016年の夏、滞在していたフィリピン・マクタン島の公共市場である「オポン・メルカド」近くの宿からセブ本島へ向かう橋を渡って、セブ島南部を半周ツーリングに出る。ツーリング始めの予定ではオスロブあたりで一泊する予定だったので山越えせずに海岸線のバイパスをバイクで ...

フィリピンのセブ島観光の際、僕のベースになるアジトは対岸にあるマクタン島のスバ・バスバスに取る。定宿っぽいホテルもあるし、ローカルと顔見知りだってのもあるし。スバ・バスバスは結構な貧区なので商店もローカル経営のサリサリ・ストアくらいしかなく、結局まとめ買い ...

7年前の2015年の今日。僕はフィリピンの中央ヴィサヤ地方のセブ島にいた。セブ島に到着した夕方に早速パシル・スラムに赴いては現地の日々の暮らしぶりを一通り撮影しながら挨拶して回り、機材をホテルに置いてBBQ 屋台村のラーシアンに向かっては一人呑み。フロアーに何十人 ...

8年前の2014年のこの週。僕はフィリピンのセブ島にいた。離島であるマラパスクア島での滞在を終えてセブ島に戻っての数日をダラダラと撮影を続けながらすごした。(画像はすべて低画素カメラで車窓から16:9 画像で撮影したものを4:3 にトリミングして編集したもの)セブ島貧 ...

8年前の2014年の今日。僕はフィリピン・中央ヴィサヤ、セブ島北にある離島「マラパスクア(Malapascua)島」にいた。欧米、特にオランダやドイツでは「青い天国(Blue Heaven)」とか「美しすぎる島」とか宣伝されてはコアな観光客を引き寄せるダイバー向けの未開発島。訪れ ...

フィリピン・セブ島最大の市場と言われることの多い「カルボン・マーケット」。治安が悪いとかスリや置き引きが多いとか言われるけれど、そんな事はない普通のマーケット。やはり最大の市場と言われるだけあり店舗も店員も来客も多く活気があってモチロン豊富な商品とその種類 ...

フィリピン中央ビサヤの中心島であるセブ島のおまけのようなマクタン島。セブ島観光の玄関口として空港がありリゾートが点在する島。それ以外のエリアはスラムまがいの貧区で、その中でも貧しさが沁みるコルドヴァ市。さらにその中でも一二を争うであろう貧区のカモリナス・ ...

6年前の2016年の今日。僕はフィリピンのセブ島にいた。この頃被写体の題材としてほぼ毎年この時期にセブ市内の中心部で行われる「Sinulog Festival(シヌログ・フェスティバル)」に参加していた。このフェスは「フィリピン版リオのカーニバル」のようなもので、散発的にセブ ...

フィリピン・セブ島の中心地セブ市最大のスラムであるパシル集落周辺にはセブ市最大の市場である「カルボン・マーケット」やスラム内の生鮮市場「パシル・フィッシュ・マーケット」があり、それ以外に地元密着型の市場である「タボ・アン・マーケット」がある。それぞれ実際に ...

フィリピン・ヴィサヤ・マラパスクア島 「フィリピン辺境の島で」2014/06/20 - 2014/07/01セブ島の中心地セブ市内から赴くにはどう急いでも半日はかかるだろう「マラパスクア島」。日本ではダイバー以外に知る人もいないだろうけれど、ドイツ・オランダを中心に、ヨーロッパ ...

セブ島の中心部に宿を取ると必ずや出向いては呑む「Larsian(ラーシアン)」という名のBBQ屋台村。数十の露店が周りを囲み中心部には巨大な焼き台。それを囲むかのような数百人分の客席があるセブ市内一大きな屋台村。スタッフは高校生が多く、またLGBTQ のかたがたも多く働 ...

僕がフィリピン・マクタン島滞在する多くの時間を過ごす「スバ・バスバス」集落の入り口。「マリゴンドン・クロッシング」手前の広場にあるサリサリストアの屋台村のような場所。このエリア最大の小学校である「マリゴンドン小学校」の南北に分かれた棟に挟まれるような広場に ...

フィリピンのセブ島・セブ市内の中心部から少し外れたビジネス街の斜に位置する貧区の「バランガイ・ルス(ルス集落)」。ルスの商店街は昼夜問わずローカルの人通りが多く、細い商店街の路地をジープニーがひっきりなしに通り過ぎる。夜間は街灯も少なく細い道を屋台や露店が ...

フィリピンの「サリサリ・ストア」のファザード色々。今回はセブ本島および北部離島のマラパスクア島のサリサリ・ストア。サリサリ・ストアの詳細は以前のシリーズをご参照。 先ずはセブ島各所のバスターミナル併設のサリサリ。 人がたくさん集まる場所なので結構しっかり清 ...

「サリサリ・ストア」はフィリピンにある個人商店の総称。フィリピン・セブの離島「マクタン島」に滞在する度必ず訪れるコルドヴァ。マクタン島は「ラプラプ市」とこの「コルドヴァ市」で出来ていて、中心部のラプラプとはチト違う雰囲気のエリア。ラプラプよりローカル感が強 ...

 5年前の2016年の今日。僕はフィリピン・セブ島の田舎町「Alegria(アレグリア)」にいた。ホワイト・サンド・ビーチで有名なリゾート地「モアルボアル」に向かう途中で、日も暮れてきたので足止め滞在のような。その割には町の佇まいを気に入っては結構充実した2日間。今現在 ...

6年前の2015年の今日。僕はフィリピンのセブ島にいた。連載誌の撮影のために何度目かの「パシル・スラム」への訪問。困ったらパシル・スラムのようなゴリゴリのスラム・エリアで、旧知の場所なので治安を気にせず撮影できる。セブ市南岸のフィッシュ・マーケット近くのバランガ ...

8年前の2013年の今日、僕はフィリピンにいた。 セブ島北部の沖合にある離島「マラパスクア島」での滞在を終えセブ市内に戻るためタクシーをハイヤーして走らせた。この日はただセブ市内に戻ればいいだけの日だったのでそれ程急いでなかったのだが、このタクシードライバ ...

 2017年のシヌログ・フェスティバル前日に前のりでセブ市内の中心部に滞在したホテルのお膝元にある貧区集落の「Barangay Luz(ルス集落)」の商店街。フェス前日ともあって商店街は夜遅くまで人であふれ、路上にテーブルを設えてビールを飲む家族も多く、僕もご相伴になりな ...

先週に引き続き、フィリピン中央ヴィサヤにあるセブ島北部の離島「マラパスクア島」の空。 今回は島一番の繁華街である「ロゴン集落」の空。真昼間に撮った画像は真頭上からの日光でハレーションを起こすほどの南国wビーチフロントのホテル通りはもっとモダンで今風だけれど ...

フィリピン・ヴィサヤ、セブ島の離島である「マラパスクア島」へセブ島最北端の港「マヤ」からサンパンとフェリーを乗り継いで向かう途中の空と宿周辺の空。マラパスクア島も辺境の離島ながら、そこへ赴くためのセブ島最北端の港の周辺も辺境の趣。雨が降りそうな曇天の中十 ...

2017年に行われたフィリピン・セブ島での「シヌログ・フェスティバル」撮影後に移動しては滞在したマクタン島ラプラプ市(コルドヴァ市も)の至る所の「サリサリ・ストア(個人商店)」。 セブ島の玄関口の離島であるマクタン島をくまなくバイクで流しては見かけたローカルの ...

ここ十年ほどの1月末はどこから帰ってきた記録が多く、旅のしめくくり的な時期。年始のバタバタが済んでは旅に出て帰国する時期。時には旅の途中だった記憶もあり、デジカメ以前にはインドネシアの離島に長期滞在してはアイランド・ホッピングしていた記憶があるけど。(バタ ...

過去の1月18日の画像をストレージ内で検索するとそれなりに色々と出てくるけれど、2015年〜2017年は必ずやフィリピンのセブ島にいた。と言うのもこの時期はフィリピン最大のカーニバルである「シヌログ・フェスティバル」がセブ市中心部で数日単位で開催され、最終日はカーニ ...

フィリピン・セブ島の中心地「セブ市内」から街道を北上して北端の「ダーン・バンタヤン」までの街道沿いで目にした「サリサリ・ストア(個人商店)」。 小屋のような納戸のような店舗から食堂を併設した大き目のサリサリまで。路地裏の奥の奥までを網羅するフィリピンの個人 ...

2008年の今日はバリ島にいて、2017年の今日はフィリピンのマクタン島にいた。この時のバリ島は16年ぶりの訪問でバイクをレンタルしてはウブドで滞在にキリをつけてティブビユへ移動する日だった。16年ぶりのバリ島は、玄関口であるクタが雑多なのは昔からの事ながら山岳部の ...

結構な頻度で観ているビゴライブのフィリピン・チャンネルだけど、ここではまだシリーズ22 なのは意外。 アメリカ文化を十分に受けたピナイたちは底抜けに明るくアグレッシブで、結構僕の好みw開放的な性格は時に度を越しては配信のレギュレーションに触れてはBAN され ...

フィリピン・セブ島セブ市南部の海岸沿いにある集落の「マンバリン」。近年はアジア各国に点在して暮らす「パジャウ族」の集落がある事で話題になるエリア。海を挟んで南北に分かれ、北側は集落エリア、南側は開発エリアになっては貧富がハッキリ分かれる。その集落エリ ...

ビゴライブの女たちのフィリピン編を見直してたら「パート13」が2度あったので今回が本当のパート21。 ダブついたストック画像の棚卸しピナイの女たち。これでピナイシリーズは在庫がなくなったけど、来週までにはまたストックが増えるのかなw[まとめ買い] シックスサマ ...

休日の夕刻のストレージ減らしのビゴライブ。 ピナイ編パート19。 急遽5分で書き込んでエントリーしましたw [まとめ買い] シックスサマナクーロン黒沢(著)、日野日出志(漫画)、コイワカメラ(写真)4TRAVEL B級グルメ HONGKONG MACAO macau TAIWAN とりあえずビ ...

またビゴライブのスクショ画像が溜まってはストレージを圧迫しているのでw 英語がストレス無く通じるためライブチャットするライバーの多いフィリピンの女の子たちパート18。 ふビゴライブでライブ配信しているライバーは基本的にアグレッシブでパワフルだけど、フィ ...

ビゴライブの女たち「敬老の日スペシャル」ピナイ編パート17。 シックスサマナ 第36号 マジキチ日本紀行 ラストオブ出会い旅クーロン黒沢(著)、アグスティン井口(著)、コイワカメラ(巻末グラビア「バリの儀式」・写真)シックスサマナ2020-05-304TRAVEL B級グルメ ...

ビゴライブで配信されるお気に入りのライバー主催っぽいパジャマパーティーとその子個人の配信版「ピナイの女たち」パート15。 この子「ダンサーさん」らしく、たまに屋外でアクロバティックなダンスを配信したりしていたりする。化粧映えのする子で、スッピンは結構幼な ...

巷では「Fuji Rock Festival '20 Live on YouTube」の話題で持ちきりの中、配信の無い時間帯は「Bigo Live」でチャンネル・サーフ。 以前アップした「ウェット・パーティー」のパジャマ版。 ピナイたちのランチキw 画角の中の肌色の度合いが高くなるとBAN される例。シ ...

週末・休日の目の保養ビゴライブの女たち。 ピナイガールズ・パート13。 シックスサマナ 第15号 俺の仕事は戦争屋 エリート兵士に転職しよう!クーロン黒沢(著)、DJ北林(著)、コイワカメラ(巻末グラビア「コイワ賓館」・写真)2014-08-264TRAVEL B級グルメ HONGK ...

各国のビゴライブを眺めているとたまに「パジャマパーティー」や「ダンスパーティー」「ウェットパーティー」の様子を配信している団体に出くわす。 ウェットパーティーは常夏の南国の女性たちに多いのだが奔放で開放的で、こちらも観ていて楽しくなる。宗教的な制限が ...

休日のストレージ掃除代わりのビゴライブの女たちのフィリピン編「ピナイガールズ」パート11。 ベトナムやタイ編はパート30 以上アップしてるのにフィリピン編がまだ10回台なのが僕の好みが伺えるw配信者の年齢層が他国より若いのが観ていて楽しいけど。シックスサマナ ...

最近は「10000 Roses Cafe」など出来てはインスタの「映え」になる場所も出来つつあるフィリピン・セブ島の離島「マクタン島」の外れにある「コルドバ(コルドヴァ)」。 スラムまがいのバランガイ(集落)が点在する中に大きめのショッピングセンターや教会、市場など ...

週末のミーンレスな画像の暇つぶし羅列。 アグレッシブなピナイのパート9。 今週は結構忙しくて、普段は10〜15エントリーほどを投稿予約しておくのだけど、今日のエントリーは当日の早朝のエントリーw体調は良いので雨足☂️が強くなければ椎名町の「南天」で肉そば食 ...

一カ月半ぶりの「ピナイ」のパート8! 特にコメントは無いので早速。一番目のピナイは結構有名な「歌ってみた」系YouTuber らしい。他はただの市井のピナイwフィリピン人女性もストライクはいるもののボール球の率が高いのがフィリピン・チャンネルをあまり観ない原因wや ...

フィリピン・セブ島セブ市中心部にあるナイトマーケット「ラーシアン」の前回・前々回の続き。 今回はよりディープなストリートチルドレンやLGBT🏳️‍🌈系のスタッフたち。一度数人のストリートチルドレンを招いては「喰いたいだけ喰え」とゴチした事があるし、宿へ ...

最近はセブ市内で夜を過ごすことも少なくなり、より辺境地域に滞在するビサヤ・エリアたが、セブ市内にいるなら必ずや呑みに訪れるBBQ屋台村の「ラーシアン」。 前回はこの屋台村の概要や概観を擦ったけど、今回は僕必ずここで呑むときに周りにいるスタッフやセキュリ ...

ライブでフィリピンに滞在しているわけではないのに、何も気にかけずにエントリーしていたら3日連続の「フィリピン・ネタ」かぶりw まぁ、何千エントリーもある中でそんな時もあるわけでwと言うわけでセブ島セブ市中心部にあるロータリー「フエンテ・オスメニャ」のす ...

フィリピン・ヴィサヤ、セブ島の北端先にある離島「マラパスクア島」のエントランス・ビーチのロゴン。 深夜酔いに感けて屋外に出ると雷鳴轟き雷が海上に落ちる度、ビーチ周辺が明るく照らされまた漆黒に戻るのを繰り返す数十分間。部屋に戻ってもベランダにでてはまだ ...

フィリピン・セブ島北部のツーリング途中で一泊した町「カトモン(Catmon)」。中心部まで行けば小さいながらも市庁舎や公共市場や大きめのスーパーマーケットもあるけど、基本的には小さな集落が点在する田舎町。宿泊した宿のバーで出会ったフィンランド人とチャネル諸 ...

フィリピン・セブ島の離島「マクタン島」はラプラプ市とさらに離島であるコルドバ市からなっていて、ラプラプに比べ貧しくほとんどのエリアが貧区で、その中に金持ち移住者のしっかりと塀に囲まれた大きな家と小さな教会が点在する漁業がメインの地域だ。 街の目抜き通 ...

セブ市の「コロン・ストリート」周辺から海岸線までのエリアには大きな市場が点在し、セブ市最大の市場である「カルボン・マーケット」や「パシル・フィッシュマーケット」などがある中、カルボンよりローカル需要の高い「タボアン市場」。このエリアはマーケットを中心 ...