コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

カテゴリ: 宗教

インドネシア・バリ島の山中「カランガセム」東端の村「Rendang(ルンダン・レンダン)」で参列した例祭のお祈り時に、異教徒である僕は皆の背後から皆越しに祈り撮影する。ヒンドゥーの神様が誰なのかも認識せずに、ローカルの皆と同じように手を合わせては何かを心に思う。 ...

先月のインドネシア滞在時。寄宿している安宿の自室で何の気なしにテレビをザッピングしていて気になった番組なのだが、モスレム(イスラム教徒)の聖地「メッカ(マッカ・مكة‎)」のその中でも重要な聖地である「マスジド・ハラーム(聖モスク・المسجد الحرا ...

澳門の政治の中心、民政総署(議事亭)演台のわきにある小さな礼拝堂。祈りを捧げる場所と言うよりは、政治的な取り決めに対する「宣誓」を捧げる場所かな。歴代総督用で、今は利用しているのかいないのか。僕のような「仏教徒を装った無宗教信者」もしくは「フライング・ス ...

アルガオ唯一の観光資源とも言える「聖ミカエル教会」の外観や周辺を撮影して、さて内部でもと教会内の礼拝堂に入る。屋外から暗い屋内に入りカメラの設定などを調節していると、礼拝者の中から叫ぶかの様な嗚咽のような大声が聞こえては場内騒然。礼拝中に何かに憑依された ...

フィリピン・ヴィサヤ、セブ島の南東にある「アルガオ(Argao)」の町。町一番の「推し」は1734年に建造された「聖ミカエル教会(サン・ミカエル・チャーチ)」。ビーチが近く、セブ市行きのバス停が近く、B.B.Q.スタンドが周辺にたくさんあり、(個人経営の)コンビニも多々 ...

今年もガンバル! Such is the way of the worldyou can never knowJust where to put all your faithand how will it grow?Gonna rise upburning black holes in dark memoriesGonna rise upturning mistakes into gold...Such is the passage of timetoo fast to foldSudd ...

クリスマス・ツリーは昨日紹介した「プレゼピオ(Presepio)」が原点だって知ってた?(チト、豆しば風w)澳門議事亭前地成田空港第2ターミナル香港国際空港澳門第一警司処澳門民政総署新宿ルミネついでに街中のクリスマス・ディスプレイ今日はゆっくり過ごしましょうwシッ ...

{201}༄༅༔ ༔བརྫུས་ཏེ་སྐྱེ་བར་བྱ་དགོས་སྙམ་པའི་མདུན་པ་དྲག་པོ་གཏད་དོ༔ གཞན་ཡང་རང་གང་མོས་པའི་ཞིང་ཁམས༔ མངོན་པར་དགའ་བའམ༔ སྟུག་པོ་བཀོད་པའམ༔ ལ ...

 {101}༄༅༔ ༔རིག་པ༔ ནམ་མཁའི་ཁམས་དང་མཉམ་པ་འཆར་བའི་ཚེ༔ ངེས་པར་དངངས་སྐྲག་སྐྱེས་ཏེ༔ ངོ་སྤྲོད་འདི་ཐོས་མ་ཐག་ཏུ་རང་སྣང་ངམ༔ ཡི་དམ་དུ་ངོ་ཤེས་ན ...

༄༅།།ཟབ་ཆོས་ཞི་ཁྲོ་དགོངས་པ་རང་གྲོལ་ལས༎བར་དོ་ཐོས་གྲོལ་ཆེན་མོ་བཞུགས༎  {1}༄༅།གདེར་ཆེན་ཀརྨ་གླིང་པའི་ཟབ་གཏེར་དུ་སྤྱན་དྲངས་པའི་ཟབ་ཆོས་ཞི ...

(先々週の今日なので多分現在進行形)ミョンドン大聖堂工事中。下衆なミョンドンにありながら(唯一とも言える)ホーリーな場所だったので、早く工事が終わると良いね。今現在の眺めは「ホーリー・シット!」wシックスサマナ 第12号 病める日本の処世術 [Kindle版]クーロン ...

近年は「悪所通い」を謹んでは、死に場所を探しに下見へ墓地へ向かうことが多い。サイパンはフィリピン系の人口が多いので、必然バプテスト(浸礼教会)派のキリスト教徒が多い。この日が特別な日なのか、はたまた常時このように花がそえられているのか定かではないけれど、ほ ...

「ヒンドゥー教の奇祭」と呼ばれる事の多い「タイプーサム」。本国インドでは既に「危険な例祭」として禁止されているけれど、周辺国家のインド系移民の多い国々では現在進行形。シンガポールでも然りで、以下の画像は「閲覧可能レベル」のもの。w串刺しの彼らは山車の担ぎ ...

今までたくさんのイスラム教徒の女性たちと付き合ってきたからなのか、はたまた前世がモスレムだからなのか、モスクの前に立つと「凛として」一礼してしまう。心情的には苦手な宗教で、イスラム国家やモスレム居住エリアは避けて旅している。それでもインドネシアのような「 ...