コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

カテゴリ: ドラッグ

このブログではネガティブな話題は極力テーマにしないのだが、僕自身が若い頃過ごしたアメリカの「ホームタウン」とも呼べる街中にこんな場所があったのかという驚きと、それは僕が住んでいた時にもあったという事実を知らなかった事に対する無知さへの自分自身への失望でエ ...

デビュー当時のビートルズはGSサウンドを引っ提げたポップロック・バンドとして活躍したけれど、中期「ラバーソウル」やツアーバンドとしての活動を終えレコーディング・バンドになってから制作を開始した「サージェントペパーズ」あたりからサイケデリック感の強い楽曲 ...

若い友人のSNSを眺めていて、急に「疲れた」などと言うセリフと共にこんな画像を添付されると「ドキッ!」としてしまう。「MEIDER 2025」。鎮痛剤か。歯でも痛かったのかなwまぁ、一安心。お前だよ、アイアン!ATTN; AianYou send me messeges, again and again but I could ...

旅先で酒を呑むように、翌朝エナジー・ドリンクもよく飲む。若い頃は二日酔いの時か、徹夜明けか、風邪気味の時にしか手にしなかったのが、最近はチト疲れただけで買い置きしてしまう。旅することは楽しいのだけれど、潜在的に「疲れている」のか、目新しさも手伝って近年はよ ...

北メキシコにも雨は降る。 極たまに。 まぁ、こんな風景を目にしたらC.C.R.も歌うよな。 「Have You Ever Seen The Rain?」ってな。w (暗喩の意味は全然別のものだけれど。) ...

2週間前ぐらいから体調が優れず、国内の西洋医の診断では「生活習慣病」だそうだ。 背中に張り付いた「おんぶオバケ」がなかなか離れない。 周りの人々には大学病院で精密検査を受けろとサジェストされたが、まぁ診療結果は場末の病院と変わりないだろう。 こんな時こそ「漢方 ...

世界各国で「マリファナ吸引」に対しての法的な受け止め方を示した地図。 日本人でも、マリファナ吸引が合法な国でマリファナを吸うことは、日本国内に帰ってきても「治外法権」であって、何ら問われる事ではない。 地理的にいちばん近くて合法、かつ簡単に手に入り ...

20年近くも前の情報なので、今これらの店が存在するのかも定かではないので恐縮なのですが、昔話と割り切ってください。 留学先の生活で、よく世話になったのが中華料理屋とこれらのヘッドショップでした。   日本にはない世界観。 アメリカの高校生の4人に一人は常 ...

留学先の生活で、よく世話になったのが中華料理屋とヘッドショップだった。   日本にはない世界観。 アメリカの高校生の4人に一人は常用し、とある大学のアート・スクールでは教授自ら生徒に勧める。 音楽は、グレートフル・デッドや初期R.E.M.のホーム・テーピング ...