コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

カテゴリ: 友人

7年前の2015年の今日。僕はフィリピンの中央ヴィサヤ地方のセブ島にいた。セブ島に到着した夕方に早速パシル・スラムに赴いては現地の日々の暮らしぶりを一通り撮影しながら挨拶して回り、機材をホテルに置いてBBQ 屋台村のラーシアンに向かっては一人呑み。フロアーに何十人 ...

セブ島の中心部に宿を取ると必ずや出向いては呑む「Larsian(ラーシアン)」という名のBBQ屋台村。数十の露店が周りを囲み中心部には巨大な焼き台。それを囲むかのような数百人分の客席があるセブ市内一大きな屋台村。スタッフは高校生が多く、またLGBTQ のかたがたも多く働 ...

6年前の2015年の今日。僕は珍しく仕事仲間と共に澳門にいた。仕事中に話す僕の「マカオ話」に興味がわいたのか日々連れて行って欲しいと懇願されてのマカオ行。もう普段の一人旅では訪れたりしない観光地や世界遺産ポイントを巡っては仕上げに「マカオ・グランプリ」の練習風 ...

日本一好きな街で、移住してもいいとまで思っている宮城県の首府「仙台市」。 生家から近いことや浪人時代に丸一年過ごし、沢山の友人や親戚が住んでいることから何かと赴く機会も多い街。なんでも揃う東北地方の中心地ながら地方独特の習慣も色濃く残りながら未だ拡大 ...

10年前のある時期、夏と冬に2度定期的に函館に半月ほど滞在していたことがある。「グルメの街」函館でホテルで部屋飲みするわけも無く、毎夜繁華街に繰り出しては朝帰りを繰り返した日々だった。そんな中で昼はランチに夜は呑みにで、毎日利用した屋台村の「大門横丁」に「チ ...

九份に始めて訪れた2006年当時の人口は2500人程度だったのだが、2016年に訪れた時には2006年当時の2〜3倍に増えているのではないかと思えるほどのスタッフの多さ。必然的にペットとして飼われる鳥獣類も増えるわけで、路上や店内の至る所で犬猫の姿を見かける。特に観光客の ...

今夜は激眠いのでテキスト無しで画像のみで。今回のマクタン島滞在中の路上で出会ったローカルの人々とその周辺の風景。 いきなり向けられるカメラにも慣れた流れでポージングしたり笑顔になったり。写真を撮られることに慣れている民族だ。某東洋の先進国家の国民なら、一 ...

澳門と珠海を行き来しては多くの友人達に囲まれながら過ごした澳門滞在も、定宿の宿泊代がMOP280 から旧正月に向けてMOP750 になると聞かされはあわてて次の旅先を考える澳門での旧正月暮れ前。 澳門内で出会う友人達に旅のヒントをもらいながら、結局は大興麺家の老 ...

この時僕は15年ぶりに独身に戻り日本での仕事も辞め何も気にすることなく旅先で過ごせるとあって、ダラダラと澳門・珠海を行き来しながら滞在する日々。地元澳門の黒社会に属する兄貴分にチョットした珠海での撮影の仕事を紹介されては、仕事がし易いようにと関係者たちの呑 ...

この間の休日、学生時代に撮った30年ほど前の銀塩フィルムをスキャンして画像処理してみた。色彩のヒストグラムをいじる以前に、各々のフィルムの同じ場所にDPE処理時に付いたと思われる傷が随所にあり、またレタッチする気にもなれないほど劣化していた。 紙焼きした写真も ...

一昨日にメールやFBコメント、LINE やらやらでバースデイ・グリーティングしてくれた皆々さま、ありがとうございました。メールにはメール返し、FBコメントにはいいね返し、LINEではスタンプを返す程度しかしていませんが深く感謝しては僕の存在を気にしてくれたことをありが ...

今日は宿替えの日なので撮影の予定を入れずにオフにした。 そうなると今日一日、何をして過ごそうか。 友人がたくさん働くラプラプのパブリックマーケットで市場を撮影しながら、友人たちとイジリ・イジラレて過ごすのもいいし、近場のビーチでのんびりと過ごすのもい ...

今年一年の僕を漢字一文字で表すと「平」とか「安」とか。特に驚くような事も無く、病気も無く、仕事は安定、私生活は平凡。音楽関係に従事している仲間が増えたので、例年より「音楽を語る機会が増えた」ことと同時に「音楽を聴きなおす」機会も増えた。聴く音楽は相変わら ...

今日(投稿時)は僕の51年目の誕生日だった。FBのコメント欄やメール、LINEのトークでグリーティングしてくれたたくさんの皆様、ありがとうございました。思いがけないバースデイ・プレゼントを思いがけない人たちからいただいたりして、近年まれに見る祝福具合に感謝・感激 ...

久しぶりに「流浪のサキソフォニスト」、ネイチャー・デンジャー・ギャングの「ラッパ吹き」とマジバナした。  みんな大人の階段を上りつつあるなぁwソウルの焼肉屋でカルビを喰らう「流浪のサキソフォニスト」wソウルのマッサージ屋でスポーツマッサージを施術されるラ ...

ここに来れば誰か知り合いに会えるし、会えなくても店のスタッフは常時気にかけてくれてはいじってくれるし。僕がやたらネタにしたせいか、近年はこの場で日本人観光客や現地在住日本人に会う事も多い雀仔園の「大興麺家 」。まぁ、ここで日本人を見かけても、わざと拙い広東 ...

今夜はネットの接続速度の関係で、クラウド上の画像のダウンロード速度が以上に遅く、ダウンロードに時間がかかるので、マジの「INTERMISSION」。もともと野良犬だった子犬をフィンランド人先輩が引き取っては共に暮らしている「ビッグ・ボーイ」と名付けられた大型犬と飼い ...

一昨年春先に滞在したカンボジアのシェム・リアップ。初めての訪問で知り合いや友人などいるはずも無く、夜の呑みは一人で始まりながらも呑み始めから傍らにいた小さな相棒。最初のうちは怪訝に。慣れて来ると積極的に。仕舞いには図々しくw可愛い小さな相棒との一晩。結構 ...

こんな旅が今の理想かな。いいオヤジがバカなことを何気なくしながら出会った人たちに笑顔を与える旅。     彼らが同じジェネレーションだからこそ、したいことやしてあげたい事が共有できるのかな。「歳」なのだろうなぁ。「さふゆふひとにわたしもなりたひ。」BY 福 ...

トレド(Toledo)からセブ市に戻り、長距離ツーリングで疲れ果て、且つ日焼けでほとんど「火傷状態」ながらも、若い友人たちに囲まれたくていつもの場所へ。観光客向けのそれほど旨くも無いB.B.Q.ながらも、気の知れた友人たちとの会話やじゃれ合いを調味料にして酒がいつも ...

渡嘉敷島の阿波連集落を漫ろ歩いたり、戸外のテーブルでお茶などしていると、結構な数の猫たちがうろついていたり屯っていたり。人慣れ(ズレ)・観光客慣れ(ズレ)しているのか、ゴロゴロ・ニャーニャー懐いてくる輩も多いw野良なのか飼い猫なのか分からないが(首輪して ...

調子が良いのか悪いのか、今夜は酒の効きが早いw 自室の壁面に張られた澳門の地図の前でルーム・メイトとの2ショットwこのルーム・メイト、泥酔時の枕代わりになるw今夜、マジで「無理!」。脳内では「THEO & BEAU」気分です。犬好きの僕には「萌え萌え」wFB登録済みで ...

日帰りでセブ島南部の町「アルガオ(Argao)」に行ってきました。カンボジアの「スヴァイ・リエン」やバリ島の「アメド(アメッド)」、中国雲南省の「打洛(ダーロウ)」を髣髴とさせる町の規模と雰囲気。一発で「惚れた!」。相変わらずどこへ行ってもローカル女子に囲まれ ...

若い友人のSNSを眺めていて、急に「疲れた」などと言うセリフと共にこんな画像を添付されると「ドキッ!」としてしまう。「MEIDER 2025」。鎮痛剤か。歯でも痛かったのかなwまぁ、一安心。お前だよ、アイアン!ATTN; AianYou send me messeges, again and again but I could ...

一人で呑みに赴いても、結局はたくさんの常連たちやスタッフたちに囲まれては賑やかに呑んだくれる澳門の毎夜。皆僕の「澳門学」のブレイン。言わずもがな。 シックスサマナ 第17号 片道一万円の冒険 コリア三都物語 [Kindle版]クーロン黒沢(著)、コイワカメラ(巻末グラ ...

仕事仲間で息子のように可愛がっているワタナベエンターテイメントカレッジ生徒で俳優の卵「相澤亙」の「初舞台」が、北千住シアター1010のミニシアター1で公演されることが決まった。僕自身は丁度仕事が立て込む頃合なので観劇に行けるか微妙なところだが、もし行けなくなっ ...

初めて訪れるこんな辺境の離島でも、相も変わらずローカルの「レディース」や「キッズ」「ビースツ」に囲まれて過ごしているわけで。 ...

今迄の人生で、あえて避けて来た国に初めて来た。 親日国で歴史的にも経済的にも兄弟姉妹国家で英語が母国語の、写真を撮られるのが大好きな国民性の国に。 写真家にとっては天国のような国民性の国。 久々に何十人もに囲まれて、しが無い会話をしながら ...

シンガポールはゲイランのロロン12あたりのホーカーズでの飲み仲間。 こいつ、結構偏食で贅沢気味。w一年で一番「繁忙」な日は今日だった。orzほぼ「死亡」しています。 シックスサマナ 第10号 極楽タイの地獄めぐり [Kindle版]クーロン黒沢 グラビア/コイワカメラカルカッタ ...

カンボジアは、世界遺産で有名な「アンコール遺跡群」を有するシェム・リアップ街中の「パブ・ストリート」にあるリストランテ「Le Tigre de Papier(ル・ティグレ・デ・パピエ)」。シェム・リアップ滞在中の夜な夜な通ったリストランテでの飲み仲間は毎晩こいつ。w毎夜、名も ...

流浪の旅@ソウルの相棒。こやつも「流浪のサキソフォニスト」。漫画調のイジリで。w4TRAVEL B級グルメ HONG・KONG MACAO macau TAIWAN とりあえずビール とりビー アメッド アメド アメリカ インドネシア カメラ カンボジア ガンランバ ギャラリー クタ グルメ ゲイラン サイ ...

仙台のとあるバーで。小学校時代から同級生が顔見知りながら特別な接点が無いまま同じ中学に入り、中学2年になって同じクラスになったのがきっかけで「仲間・チーム」になった男女共4人からなる8人が「アラ・フィフ(@50)」になりながらも未だ仲良しな長い友人関係。久しぶ ...

先日のソウル旅のツレがやたらマッサージ(まともな方)を受けたいとのリクエストで、連れ立って向かった「スポーツ・マッサージ」(看板には確か「スポーチュ・マサジ」と書かれていて、すわ、ヒスパニック2世かと思ったぜ)。w日本国内では週に一度、海外ではほぼ毎日「マ ...

僕の友人が自分のための弁当用に作った「キャラ弁」。何のキャラか理解できないけれど、子供的にはゴチャゴチャした「キャラ弁」よりも、こんな感じのシンプルな物の方が「受け」が良いのかも。ちなみにこの画像で「グーグル画像検索」しても、人(主に赤子)の画像ばかり出 ...

3年半ほど前の初春の日、ネット上で長らくやり取りしていた「ネット仲間」との初の飲み会。お互い顔も知らないまま「雰囲気のみ」で待ち合わせては、人生初の「オフ会」開催。wそぼ降る春雨の中連れて行かれたのは「大東亜共栄圏」と相棒が呼ぶ中国東北部朝鮮族経営のB.B.Q. ...

Facebook(以下FB)を始めてからマレーシア在住のFBフレンド流れで「Two Thumb Tattoo Studio」と言うグループに入った。世情的には未だに反社会的な扱いを受ける事が多いけれど、僕自身彫り師は崇高な芸術家だと思っている。僕の周辺には「タトゥーあり」が多くいて、その原 ...

20年以上前の若かりし頃バリ島で悪さした皆々様、ご無沙汰しております。お元気ですか、コイワです。みんな「ダメな人」でしたね。w俺を筆頭に。お元気でしたらメールでもください。w4TRAVEL B級グルメ HONG・KONG MACAO macau TAIWAN とりあえずビール とりビー アメッド ア ...

ひと頃、年に2度ほどの周期で函館に通っていた時期があった。赴けば10日ほどの滞在で、夜呑みのほとんどは屋台村の「大門横丁」にあるビルマ料理屋の「チェーズ」で行われ、7人も入ればイッパイイッパイの店内や店外に10人以上の客が犇めいては呑んだくれては語り・笑い・じゃれ ...

(多分)プリア・カンでブレス(祈祷)してくれた尼(多分)。w今僕の右腕には、彼女がUS$1で祈祷・除厄してくれたミサンガのような腕輪が巻かれている。その後、いつも以上に厄が降りかかっているけれどうまく除厄できている。wプラ・マイ、ゼロだけれど。w ...

これからホーチミン(サイゴン)に向かう人は、この画像を携帯に保存して向かうべし。 「ダチ」ながら「遣り口」が汚すぎ。w 「逝って」いただいて構わないっす。 こう言う輩が本当の「 ...

僕は物心付いた時から「ニコンの子」だ。   これは僕が24歳ころの画像だが、ニコンの防水カメラを手にしてるなぁ。 (「現場監督」系だけれど。w) まぁ、昔からよくカメラを手にしてるよな。w ...

熱帯地方のワンコは大変だなぁ。 体感気温40℃近い中での「毛むくじゃら」。 刈ってやれよ。w ...

「吉慶里」だったか「門官園」だったかの「庇山耶街」寄りに、昼は日がな寝そべり、涼しくなる夕方からは地回りの如くに路地に立ち竦んでは吠えるでも無くこちらを気にするでも無く。 日に何度も出会う度、互いに敵ではない事を互いに認識するかのごとく。 ...

暖かい場所に行きたいと思いながらも、なすがままに任せて求められるがままに来たのは「北国」。w 久しぶりの帰郷をそれほど楽しみにしてはいなかったけれど、旧友たちとの数年ぶりの再会にチト望郷の念。 夕方5時から呑み出して、4次会が終了したのは何時だったのかさ ...

昨晩と今夜の二夜は、僕のマカオのメインダイニングがお休みとあって、夜がそれほど楽しみでは無い。 昨日は遅めの昼飯時に、しこたまビールをあおったせいか夜半までガッツリ昼寝してしまった。 それでも宿近くの潮州料理屋で、またまたガッツリ呑んでしまうただの「 ...