コイワカメラの「世界の路地裏で(または女たち)」

旅先で出会う変わった事物や、または女たち。 それに纏わるショート・ストーリーズ。(画像はクリックして大きくして見て下さい。)

カテゴリ: アート

とあるフランス人Youtuber さんが「ナルト」から影響を受けて日本の電柱・電線のある風景に萌えるらしい。そんな彼のチャンネルを眺めていて、今まで忌み嫌ってきた電柱・電線をあえて被写体にして撮ってみようかとチト心がけている。僕が撮ると「NARUTO」の世界観と言うより「 ...

Twitter でフォローしているN.M.E.(ニュー・ミュージカル・エクスプレス)の記事で Vaughan Oliver(ヴォーン・オリバー)の話題があり、読んでいて2年前に彼が既に逝っていたことを知り彼の足跡を鑑みた。勿論23 Envelope として共に活動していたフォトグラファーのNigel Gr ...

「アズレージョ」とは、アズレージョ (ポルトガル語:azulejo、スペイン語ではアスレホ)は、ポルトガル・スペインで生産される、典型的な上薬をかけて焼かれたタイル。途絶えることなしに5世紀もの間生産され続け、ポルトガル文化の典型的な要素となった。ポルトガルへ行け ...

一ヶ月ぶりの「パノラマ撮影」特集。今回は世界中の至る所で。中国・広西の南寧の至る所で。マカオ、新馬路で。汽水側から眺めたマカオ内港区。こちらはマカオ外港区。外資系カジノホテルが乱立するエリア。下衆なエリア。「紅窓街」とかつて言われた福隆新街。フィリピン・マ ...

海外に出れなくて撮影したい被写体も日本国内にはなかなか無いので今までの画像フォルダを眺めては再編集する機会が多い。 その中でもパノラマ撮影画像は数十枚しかなく面白い画像もあるので、しばらくはこのシリーズの中で特集wバリ島ツーリング途中の給油時。町中の商 ...

1983年に発表された「The Police(ザ・ポリス)」 のアルバムで「Synchronicity(シンクロニシティー)」というアルバムがある。元々はカール・ユングによって提唱された分析心理学の概念だが、言葉の響きの良さからか一般的なマスに広まったのはザ・ポリスのアルバムが発表され ...

マカオの外港区はカジノ併設の5星級ホテルやスノッブなレストラン、また派手な質屋が居並ぶ観光客向けのエリアで、基本的に僕の生息エリアではないのだがバス移動時はよく通る。 それでも僕のマカオの定宿のある「内港区」から400メートルも離れていないので、屋上から ...

ダブ(dub)は、レゲエから派生した音楽制作手法、及び音楽ジャンルである。ダブワイズ(dubwise)とも呼ぶ。ダブ制作に携わる音楽エンジニアのことを特にダブ・エンジニアという。語源はダビング(dubbing)であるとされている。 ダブは(レゲエ)楽曲のリズムを強調 ...

環境音楽とロック、クラシック音楽とロックなどプログレッシブ・ロックなどに見られる独特なコード進行や他のロックのジャンルに分けられないロックを総称して「アート・ロック」とか「ポスト・ロック」と呼ぶことがある。まあ、基本的なジャンル分けは絶えず曖昧ではあ ...

再訪したいと思いながら既に四半世紀以上経ってしまったアメリカ・ニューヨーク市。 恋い焦がれているくせに近づけない片思いは僕自身が彼の地に再訪するのに釣り合うまではと思いながら時間だけが過ぎている感じ。当時撮った画像を心の中に焼き付けたままで。今は亡 ...

最近はストリート・グラフィテばかり撮る日々。その後のランチはほぼ毎日青椒肉絲定食w変わり映えのしない日々。 ...

当時住んでいたフィラデルフィアのアパートが正月早々セントラル・ヒーティングの修理を行うのを受けて、前々からお誘いを受けていたルームメイトの叔母さんの家へ。宿泊した翌日午前早くに誘われるままに連れて来られた場所は、あの「ALLENTOWN(アレンタウン)」だった。 ...

『未来少年コナン』(みらいしょうねんコナン)は、1978年4月4日から10月31日にかけて、毎週火曜日19時30分から20時00分(日本時間)まで日本放送協会(NHK)で放送された日本のアニメ作品である。全26話。製作会社は日本アニメーション。 宮崎駿が初めて監督を担当した作品 ...

航空機による中国の国内移動時やフィリピンからの移動時にはコンビニや雑貨屋でマッチを購入する。それは搭乗前のセキュリティー・チェックでライターは取り上げられてしまうため、搭乗までの待機時間にタバコが吸えなくなるためだ。中国国内の飛行場の喫煙場所には固定式の ...

「LINKIN PARK(リンキン・パーク)」のヴォーカリストで一時「STONE TEMPLE PILOTS(ストーン・テンプル・パイロッツ)」のヴォーカルも勤めた”チェスター・ベニントン”の死から2週経ったけれど、あまりに唐突な彼自らの選択を受け入れられないまま日々を過ごしている。そ ...

昨夜酔いに感けて音楽を聴いていて偶然にもリンキン・パークの「Crawling」からの「In The End」をフル・ボリュームでヘビロテして寝付き、今朝起き掛けにブックマークしているネットのニュース・サイトを開いて一番に目に飛び込んで来た記事がリンキン・パークのボーカ ...

10年ほど前に友人のフィリピン土産としていただいたプリント・ポケT。もともとT シャツはワン・シーズンほどで捨ててしまうし、近年無地T ばかり買っているのでぼくのT シャツ・ストックの中では珍しいプリントもの。プリントも綺麗だし、ポケT ってのも気に入って大事に着て ...

昨年澳門に滞在した時、セナド広場対面の「民政総署(議事亭)」のエントランス・ホールで「梁巨廷」氏のエキシビジョンが行われていて以前から彼の作品に興味があり観て見たかったのだが、そのテーマが正に自分が考えていたものと同じアプローチで展示されていたのに驚いて ...

今週末にクリスマスを控え世間もクリスマス一色の雰囲気。日本では山下達郎のクリスマス・イブから始まっていろんなメローな雰囲気だけの音楽をBGM にしてすごしているのだろう。世界中も例外ではなくイスラム教徒でさえ祝うクリスマスだが、ロック・マニアたちも祝うがやは ...

海外では既に社会現象化して、社会問題をも生み出しているほどのゲーム・アプリ「Pokemon Go」。日本でも今さっきから配信が開始したようだね。僕はそれほどまでのゲーマーではないので「一般常識」程度にプレイするだけだが、これは外に出たくなるねwきょうの東京は雨模様 ...

前回実家に帰った時にもって帰ってきたのだろうか。浪人時代に代ゼミに通うため1年間仙台に住んでいた時代、予備校以上に足繁く通った喫茶店「Charlie Brown(チャーリー・ブラウン)のマッチが何処からか出てきた。もう30年以上前の話なのでこの喫茶店は既に無いだろうし、 ...

世界中を定期的にツアーしては一昨年、香港にも訪れては話題になった「ジャイアント・ラバー・ダック」。今現在、僕のアメリカでのホームである「フィラデルフィア」東岸に流れる「デラウエア河」にいるらしい。デラウエア河で行われている「TALL SHIPS FESTIVAL」への参加ら ...

ここ数日の東京の夕焼け空がキレイで堪らない。日本国内でマジメに写真など撮りはしない僕でも、ついファインダーを覗いてしまうほどだ。 明日も晴れそうだなぁ。早朝からアグレッシブに動こうwシックスサマナ 第19号 こじらせタイワン あなたを不安にさせる台湾 [Kindle版 ...

ネット上では数年前から取り上げられていてなんとは無く知ってはいたのだが、しっかりと認識したのは「MTVビデオ・ ミュージック・アワード」のインターバルで見かけてからかなぁ。真骨頂は奥行きのある3D GIF アニメ。 何となく「野崎コンビーフ」の作品にも近い気もするけ ...

澳門滞在中、たまに気がついたかのように訪れる「リブラリア・ポルトギーザ・イ・ギャラリア・デ・アルテ(Livraria Portuguesa e Galeria de Arte(葡文書局・ポルトガル語書店)」。板樟堂街と大堂巷の角にあるので、この店の前を通らない日は無いのでwポルトガル語専門書 ...

仕事仲間で息子のように可愛がっているワタナベエンターテイメントカレッジ生徒で俳優の卵「相澤亙」の「初舞台」が、北千住シアター1010のミニシアター1で公演されることが決まった。僕自身は丁度仕事が立て込む頃合なので観劇に行けるか微妙なところだが、もし行けなくなっ ...

昨日早朝のニュースで、スイス出身の写真家でマグナム・フォト会員である「 ルネ・ブリ(Rene Burri)」氏が死去したことを知った。彼の名を聞いたことが無くても、彼が撮った「葉巻をくわえたゲバラ」の画像は眼にしたことがあるはずだろう。写真家などと言うものは、基本 ...

澳門の道路標識は言わずもがな「アズレージョ(飾りタイル)」で表されている。そんな中で先月見つけた昔ながらのアズレージョではない標識。今や「廃墟」と化した感のある「国際酒店」前に掲げられた標識。昔はこんな感じだったのかなぁ。番地も入っているので「国際酒店」 ...

結構「マイ・ブーム」。しかしながら、既に激泥酔。また明日w シックスサマナ 第14号 プノンペン魔界ツアー [Kindle版]クーロン黒沢(著)、蔵前仁一(著)、コイワカメラ(写真)SIXSAMANA2014-07-02 4TRAVEL B級グルメ HONG・KONG MACAO macau TAIWAN とりあえずビール ...

今年6月に滞在したフィリピンの辺境離島の「マラパスクア島」。唯一の繁華な村「Logon(ロゴン)」の路地の壁面に描かれるグラフィティー。と言うより「看板」だなぁwレイドバック!シックスサマナ 第14号 プノンペン魔界ツアー [Kindle版]クーロン黒沢(著)、蔵前仁一(著 ...

やっと「FULL LENGTH MOVIE」見つけたぜ。若き頃のデレク・ジャーマンの実験作「エンジェリック・カンバセーション」!  モノクロ・スーパー8で撮った画像にカラライゼーションしたものを再度35mmフィルムで撮り直し。台詞はシェイクスピアの「ソネット」詩集の朗読のみ ...

アメリカの「カウンター・カルチャー」や「ポップ・アート」、「サブ・カルチャー」に触れた事がある人なら必ずや知っているだろう「キース・へリング」。彼を知らなくても彼の作品は何某かに昇華されて目にした事があるはず。僕的な彼の代表作と言えば「FREE SOUTH AFRICA」 ...

大日本帝国憲法発布直後の1890年に日本に招かれ、明治時代中期ながらも江戸時代の余韻を残した東京を描いたアメリカ人ロバート・フレデリック・ブラム(1857年7月5日生まれ、1903年6月8日没。アメリカ、オハイオ州シンシナティ生まれ。少年時代から絵の才能を発揮し、一応、 ...

拡散。ライブには行ってないけれど、ネット上で陰ながら応援していますシックスサマナ 第11号 地獄の10万円フードビジネス [Kindle版]クーロン黒沢(著), 石川正頼(写真), コイワカメラ(写真)カルカッタレコード2014-02-174TRAVEL B級グルメ HONG・KONG MACAO macau TAIWAN と ...

今日は日がな僕の各所に点在しているブログに自分用の「備忘録」を張りまくった。ついでに通常のエントリーも使って「備忘録」。最近気になっては保存した「拾い画像」数種。「正義の味方と悪の組織の違い」「新宿駅ダンジョン」「切り紙」「フェチシズムの例」「「ONE PIECE ...

「ウォーリーを探せ」的な「ポケモン」画像。これ、凄いね。とりあえず「ピカチュウ」を探せ!で。w4TRAVEL B級グルメ HONG・KONG MACAO macau TAIWAN とりあえずビール とりビー アメッド アメド アメリカ インドネシア カメラ カンボジア ガンランバ ギャラリー クタ グル ...

今日は「ギブ」なので画像のみで。wサイパンの定宿近辺で見かけたストリート・グラフィティー。これは既に・今や「文化」だね。w4TRAVEL B級グルメ HONG・KONG MACAO macau TAIWAN とりあえずビール とりビー アメッド アメド アメリカ インドネシア カメラ カンボジア ガン ...

Facebook(以下FB)を始めてからマレーシア在住のFBフレンド流れで「Two Thumb Tattoo Studio」と言うグループに入った。世情的には未だに反社会的な扱いを受ける事が多いけれど、僕自身彫り師は崇高な芸術家だと思っている。僕の周辺には「タトゥーあり」が多くいて、その原 ...

英語では「Negative Illusion(ネガティブ・イリュージョン)」と呼ばれる目の錯覚のひとつ。その錯覚を利用した傑作画像3種。左の画像の鼻の点を15秒間見つめてから右の白い場所に視線を移すと......上記と同じ要領で。ネガ・ポジ処理を視覚と脳内でしてしまう人間の凄さ。 ...

「六・四」画像の代表的なものといえば、一昨年まではこんなの。(ちなみにこの「戦車前に立ちはだかる人民」は、その後どうなったのだろう。)そして昨年追加されたのが以下の画像。そして今年は、こんなのもアップされた。「なぜ?」と思われるかもしれないけれど、中国の ...

僕はそれほど「deviantART(デヴィアントアート)」に詳しくないのだが、ネット上でふとしたきっかけで目にしたカナダ人女性のデヴィアント(作家)の「CTC Sherry」さんの「デヴィエーション(deviation・完成作品)」が秀逸。http://ctcsherry.deviantart.com/画力はもちろんす ...

報道写真や「マグナム系写真家」が好きな人は是非観るべし。 60点の2012年に撮られた「報道写真」の数々。 必然的にオリンピックものが多いけれど、それも「報道」。 ど ...

はっぴー・くりすます。 今夜はみんなが幸せでありますように。 (なぜこの画像(国旗)?) (知ってる人は知っている。) ...

今現在はファッション・ビル「仙台FORUS」の前身である「ジャスコ仙台店」にあったライブ・ハウス「MORNING MOON(モーニング・ムーン)」。 仙台に住んでいた頃は「柳ジョージ」や「ハウンド・ドッグ」などなどのライブに行った記憶がある。 ...

何か勘違いされている気がするけれど.....w 英語だと「サムライ」ではなくて「サミュライ」って発音される事が多いんだよね。 それ以前に「武士道」の思想自体もね。 新渡戸稲造やロバート・ベーデン・パウエ ...

この間の話じゃないけれど.... 店の歴史が人の歴史にかぶるのって面白いよね。 何度通ったか。w ついでに。 また近いうちに集まりましょう。 ...

若い頃、神田や御茶ノ水・鍛治町あたりで遊んで夜明かしすると、決まって翌朝は「モーニング」目当てに通った「Renoir (ルノアール)」。 渋谷のセンター街の店も「商談」でたまに利用したけれど、近年の「カフェ・ブーム」で僕の生活圏内ではめっきり目にしなくなってし ...