ブログネタ
アメリカンロック - American Rock に参加中!




今年の盛夏、家族に見守られながら80年の生涯全うしたザ・バンドのフロントマンであったロビー・ロバートソン。

  
元々はボブ・ディランのバックバンドとして注目を得たバンドで1976年に一度解散してしまうので僕には時代的に早かったためバンド自体の音楽には触れる程度だがソロとしてのロビー・ロバートソンの一作目はちょうど学生時代で深く聴き込んだ。











Tracking List;


1."Fallen Angel" (Robertson, Martin Page) – 5:52
2."Showdown at Big Sky" – 4:43
3."Broken Arrow" – 5:17
4."Sweet Fire of Love" (Robertson, U2) – 5:08
5."American Roulette" – 4:46
6."Somewhere Down the Crazy River" – 4:44
7."Hell's Half Acre" – 3:45
8."Sonny Got Caught in the Moonlight" – 3:45
9."Testimony" – 4:45





当時住んでいたフィラデルフィアのアパート近くのショッピングモールにあるレコード店の壁一面を使って貼られたプロモーション用のアルバムジャケットの壁画を思い出す。






61LoyxzAPAS._UF1000,1000_QL80_































今から30年以上も前に聴き惚れたアルバムだったけれどその後聴く事はあまりなかった。

彼の死後色んな番組で追悼されてはザ・バンドや彼の曲がかかりまた最近聴き直している。


彼はこのアルバム発表後他界するまでに5枚のアルバムを発表しているが僕はそれらに触れていない。


それらを聴き込むことが今後の僕のライフワーク。








注)
オンタリオ州トロント生まれ。父はユダヤ人、母はモホーク族インディアン。幼いころにプロの賭博人(ギャンブラー)だった父親が、路上でタイヤを交換中にひき逃げされて死亡した。ロバートソンは貧しい環境の中、母親の手で育てられる。7歳のときにギターを覚えやがてロックンロールに熱中し地元のアマチュアバンドでファッツ・ドミノなどの作品に触れる。

1958年、ロニー・ホーキンスのバック・バンドであるホークスに加入。はじめベースギターを担当したが、2年後にリードギターに転向する。そのギタープレイは、ホーキンスをして「この子は天才だ!」と言わしめたほどの早熟ぶりであった。ホークスはその後、1965年にボブ・ディランのバック・バンドとなる。

1966年、ディランのアルバム『ブロンド・オン・ブロンド』のレコーディングに参加。ディランから「その後衛的なサウンドによって僕のナーヴァスな腸に触らない唯一の数学的ギタリスト」と評された。

1968年、ホークスはザ・バンドと改名して『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』を発表。ロビーは、ザ・バンドが1976年に解散するまでリードギターと曲づくりに活躍し、バンドのリーダー的存在となり1975年には彼の作品ばかりからなる傑作『南十字星』を発表し高い評価を受ける。だが、ロビーの、家にこもる学究肌のライフスタイルは、他のメンバーとの溝を深め、さらにはレコードの作品のクレジットにおいての問題やツアー演奏継続の意見の相違などがからんで、1976年11月のイベント『ラスト・ワルツ』を最後に、ロビーはバンドを脱退する事態となる。

このときドラムスのリヴォン・ヘルムとは絶縁状態となった。ヘルムは「彼のバンドにおける役割は否定しない。彼は重要な触媒であり、ザ・バンドの音楽の歴史に重要な貢献をした。しかし彼がなぜ、あんなふうにすべてを放り出さなくてはならなかったのか、ぼくは今になっても理解できない。」とロビーを非難した。

ザ・バンド解散後は、セッション・ギタリストや音楽プロデューサーとして活動。また、1980年公開の映画『Carny』をプロデュースし、脚本制作に協力、俳優としても出演。同年、マーティン・スコセッシの監督映画『レイジング・ブル』の音楽監督を務め、以後、ロバートソンはスコセッシの監督作品で度々音楽監督としてクレジットされる。

1983年にはザ・バンドが再結成されるが、不参加。1985年にはトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのアルバム『Southern Accents』に、共同プロデューサーの一人としてクレジットされる。そして、1987年にソロ・デビュー作『ロビー・ロバートソン』発表。同作はロビーとダニエル・ラノワがプロデュースを担当し、U2の全メンバーやピーター・ガブリエル、トニー・レヴィン、テリー・ボジオ等が参加した。1989年には、坂本龍一『ビューティ』にもゲスト参加。

1987年、雑誌「ローリング・ストーン」創刊20周年特別号で、ユダヤ系カナダ人とカナダ側モホーク族インディアンの混血であることを明かし、同年発表のソロ・デビュー作『ロビー・ロバートソン』は、この出自について歌ったものであるとコメントした。それまでのロビーを取り巻く音楽環境は、裕福なユダヤ人社会であったため(彼の育った環境は極貧のインディアン社会である)、「私一人で活動しているわけではなかったから、個人的な志向で音楽性を変えるわけにいかなかった」と述べている。以後、インディアンとしての音楽活動を強く打ち出すようになる。

ソロ2作目の『ストーリーヴィル』(1991年)は、ニューオーリンズ音楽からの影響を取り入れた作品で、ミーターズの全メンバーやアーロン・ネヴィル、ニール・ヤング等がゲスト参加。

1994年、テレビ番組『The Native Americans』の音楽を担当し、サウンドトラック・アルバムは、ロビー・ロバートソン&ザ・レッド・ロード・アンサンブル名義のアルバム『ネイティヴ・アメリカン』として発表された。同作は、インディアンの伝統音楽とテクノロジーを融合した音楽性で、チェロキー族のリタ・クーリッジ等が参加。

1998年のアルバム『コンタクト・フロム・ジ・アンダーワールド・オブ・レッド・ボーイ』も、再びインディアンの伝統音楽に影響を受けた作品となった。リタ・クーリッジ、Joanne Shenandoah(後にニール・ヤング等と共演するオナイダ族の女性歌手)等が参加。同アルバムに収録された「サクリファイス」という曲は、インディアン権利団体「アメリカインディアン運動(AIM)」のメンバーで、無実の罪で終身刑服役中のインディアン運動家レナード・ペルティエの電話によるメッセージを曲中に採り入れるという実験的なものとなった。ロビーはこの曲についてこう述べている。「私はライブパフォーマンスはしない。だがスタジオ録音であっても人が人を巻き込むグルーブ感のある音楽は作れると思っている」

2003年、Canada's Walk of Fameに名前が彫られる。

同年、ローリング・ストーン誌が選出した歴史上最も偉大な100人のギタリストでは78位、2011年の改訂版では第59位に選ばれている。また、2007年の「歴史上最も過小評価されている25人のギタリスト」においては第20位に入っている。

その後、2008年にはザ・バンドとともにグラミー賞特別功労賞を受賞。

2011年、13年振りの新作『ハウ・トゥ・ビカム・クレアヴォヤント』を発表。同アルバムにはエリック・クラプトンが7曲でゲスト参加し、更にスティーヴ・ウィンウッド、ロバート・ランドルフ、トム・モレロ、トレント・レズナー等も参加した。同年5月にはカナダ勲章を授与されている。

2019年、カナダでドキュメンタリー映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』(英題:『Once Were Brothers: Robbie Robertson and the Band』)が公開された(日本では2020年公開)。ロビーの2017年の回想録『ロビー・ロバートソン自伝 ザ・バンドの青春』に一部基づいている。同年、同ドキュメンタリーやスコセッシの新作『アイリッシュマン』に触発された8年ぶりのソロアルバム『シネマティック』を発表。これが生前最後のスタジオアルバムとなった。

2023年8月9日、長い闘病の末、アメリカ・カリフォルニア州・ロサンゼルスの自宅で家族に見守られながら死去。80歳没。

(Wikipedia Japanese Edithion On 10 Dec., 2023)
















シックスサマナ 第34号 岡本朋久追悼号
コイワカメラ
SIXSAMANA
2019-08-14





MagnumPhotos 4TRAVEL B級グルメ HONGKONG MACAO macau TAIWAN とりあえずビール とりビー アメッド アメド アメリカ カメリア インドネシア カメラ ガメラ カンボジア ガンランバ ギャラリー クタ グルメ ゲイラン サイゴン サイパン シンガポール ストリート セナド広場 ソウル タイ族 タバコ ツーリング バリ バリ島 ベトナム ホーチミン ホテル ホンコン 130R マカオ オカマ マカオの安宿で マカオの定宿で マカオの路地裏で マカオ路地裏散策 モンハン ランソン レストラン 安宿 雲南 下環街 下町 海外 海外旅行 海南 街市 街歩き 観光 韓国 議事亭前地 景洪 広西 広東 香港 国境 昆明 撮影 三亜 市場 珠海 小姐 少数 民族 新馬路 雀仔園 世界の安宿で 世界遺産 西双版納 尖沙咀 台北 台湾 大韓民国 大興麺家 中華人民共和国 中華民国 中国 中国本土 定宿 東北 動画 内港 南寧 日本 髪廊 賓館 風俗 福建 福隆新街 噴水池 辺境 辺境カメラマン 北マリアナ 夜遊び 友人 離島 路地裏 澳門 澳門路地裏散策 銀塩 フイルム デジタル クラシックカメラ トイカメラ 携帯写真 4TRAVEL B級グルメ HONGKONG MACAO macau TAIWAN とりあえずビール とりビー アメッド アメド アメリカ カメリア インドネシア カメラ ガメラ カンボジア ガンランバ ギャラリー クタ グルメ ゲイラン サイゴン サイパン シンガポール ストリート セナド広場 ソウル タイ族 タバコ ツーリング バリ バリ島 ベトナム ホーチミン ホテル ホンコン 130R マカオ オカマ マカオの安宿で マカオの定宿で マカオの路地裏で マカオ路地裏散策 モンハン ランソン レストラン 安宿 雲南 下環街 下町 海外 海外旅行 海南 街市 街歩き 観光 韓国 議事亭前地 景洪 広西 広東 香港 国境 昆明 撮影 三亜 市場 珠海 小姐 少数 民族 新馬路 雀仔園 世界の安宿で 世界遺産 西双版納 尖沙咀 台北 台湾 大韓民国 大興麺家 中華人民共和国 中華民国 中国 中国本土 定宿 東北 動画 内港 南寧 日本 髪廊 賓館 風俗 福建 福隆新街 噴水池 辺境 辺境カメラマン 北マリアナ 夜遊び 友人 離島 路地裏 澳門 澳門路地裏散策 銀塩(フイルム) デジタル クラシックカメラ トイカメラ 携帯写真 組写真 アート ヌード ポートレート ファッション モノクロ スナップ ノンフィクション コンテスト 写真展 写真日記 家族 スポーツ 犬 猫 兎 馬 鳥 虫 ペット 動物 家畜 四季 星 月 空 雲 水 海 山 花 山野草 自然 車 オートバイ 自転車 鉄道 飛行機 船 重機 電線 建築 ビル 神社仏閣 工場 廃墟 街 下町 夜景 朝夕焼け Cooking 食べ物 グルメ ブライダル 和洋 俳句 詩 五行詩 イベント お祭り 歳時記 下町 地域 散歩 旅 海南鶏飯 詐欺 ティーセレモニー ゲイラン オーケストラ フラッシュモブ 黎族 檳榔 新宿飯 百均 100均 ダイソー キャンドゥー マッサージ 大リーグ けいおん! ルミネエスト 楽天 イーグルス 日本シリーズ ホーカーズ 樹木葬 シックスサマナ コイワ賓館 CECILMcBEE セシルマクビー ゴールデンウィーク GW ノベルティー 吉本 お笑い 若手 芸人 コンバース バンズ 旅の靴 スニーカー ロウテク ハイテク 断捨離 沖縄 オキナワーズ 屋台 露天 LInternationale 国際歌 サザエさん 石の家 磯野波平 UNESCO フィリピン 大阪 関西 西日本 千日前 NGK NMB たこ焼き 根性焼き ビートルズ ずーとるび 康師傅 花街 サッカー ワールドカップ Bカップ FIFA 玄界灘 甲板 パイパン 船上 お盆 コボン 台風 ペット ニャンコ ワンコ マ○コ 西日本 関西 大阪 心斎橋 難波 道頓堀 チベット ズバット 死者の書 アパレル ブランド マーロン 311 東北地方太平洋沖地震 東日本大震災 JAZZ ジャズ ビバップ ビョーク Bjork スラム 貧民街 スクウォッター メイドカフェ 経済 ドラマ 翻訳 ニュース 芸能 崩壊 天気 旅行 2ch 経済崩壊 経済破綻 経済危機 経済崩壊 最新 経済ニュース 経済の現状 経済 IMF 経済制裁 2014 ドラマ 無料 動画 放送予定 あらすじ 会いたい ランキング おすすめ BS ゴールデンタイム TBS 翻訳 音声 求人 入力 名前 発音 能力試験 単語 辞書 ありがとう 検定 電子辞書 数字 ニュース速報 ニュース us ニュース芸能 ニュース速報uー1 笑韓 ニュース一覧 YouTube 海外の反応 エンタメ ニュースサイト 芸能ニュース 芸能人 ブログ芸能界 朝鮮日報 芸能 最新ニュース Google MountainView INSTAGRAM インスタJKT48 VE JessicaVaranda DaoXuanFestival フジロック Coachella