ブログネタ
デジタル・アーカイブ に参加中!





このアルバムが発表されたのは1992年なので、今から四半世紀以上前の昔話に近い頃なのだが未だに定期的に聴きたくなるアルバムのひとつ。

今まで何度かネタにしてきたけれど、フル・アルバム音源がネット上に無かったので断片的に動画を貼り付けていたけれど、最近フル・アルバムをアップしてくれた有志がいたようで再アップ。



端的に「ティーンエイジ・フィルムスターズ」を説明すると、

「マイ・ブラディー・バレンタイン」や「プライマル・スクリーム」などの「ハードエッジ・サイケデリック」色の強い革新的バンドを擁した「クリエーション・レコード」の社主「アラン・マッギー」と共にレーベルの立ち上げにかかわった「エドワード・ボール」のユニット・バンド。

元々「薬物寄りのサウンド」が多いレーベルの中でもよりカンナビス臭の強いバンドの2枚目のアルバムで、全4枚出している彼らのアルバムの中でも「傑作」と呼べるアルバム。








Tracking list;

01.Kiss Me          3:47
02.Loving          5:03
03.Inner Space    5:13
04.Apple        4:35
05.Flashes              6:43
06.Kaleidoscope    2:55
07.Vibrations          5:55
08.Soulful                8:26
09.Hallucinations    5:27
10.Moon                  6:08


Star cover



























teenage-filmstars-cre-cd-111-cd






























このアルバムも(「バットホール・サーファーズ」の「ヘアーウェイ・トゥー・スティーブン」同様)ネットが普及するまで曲名が分からなかったパターンw





hairway-to-steven-4f270a9bad750







































(これも傑作!)




週末早朝からサイケデリックを真剣に考えているのって、日本では僕くらいだろうなぁw


基本的にこれらは「上級者」や「初心者」向けではなく「下級者向け音楽」w


休日のけだるい朝にw








シックスサマナ 第31号 貧乏への道 全ての道は貧困に通ず
クーロン黒沢(著)、コイワカメラ(巻末グラビア「フィリピン色心」・写真)
SIXSAMANA
2018-02-16