ブログネタ
デジタル・アーカイブ に参加中!





ザ・スミス (英: The Smiths) は、イギリスのロック / ポストパンクバンド。
1982年、マンチェスターにて結成。
インディーズ・レーベルの「ラフ・トレード」に所属し、4枚のアルバムを出した後1987年に解散した。
 
モリッシーの気の滅入る、ねじれたユーモアのある歌詞や、疎外され恋愛に苦しむ彼自身を反映した歌詞は、若者文化の中の不満に満ちた層、チャートを独占するシンセサイザー・バンドにはうんざりした層に支持された。
 
実質的な活動期間は5年程度と短く、国外ではさほどヒットしなかったものの、イギリスの若者には熱烈に支持された。
今日では1980年代イギリスの最も重要なロックバンドのひとつとして認知されている。
また、彼らの視点や音楽性は90年代を代表するブリットポップバンドや、世界の多くのオルタナティヴ・ロックバンド等多くのアーティストに多大な影響を与えている。 

38f018950dd34cdb1e4dac258cac3de5
















結成

1982年始めに、マンチェスター在住の青年2人によって結成された。
モリッシー(本名スティーブン・パトリック・モリッシー)は、親と同居する定職のないライターで、アメリカのパンクバンド、ニューヨーク・ドールズのファンクラブを立ち上げ、会報を発行していた。
ジョニー・マーは、既にいくつかのバンドに参加したことのある腕の立つギタリスト且つ作曲家で、モリッシーの文章の読者でもあった。
 
マーがモリッシーを誘い、モリッシーの綴る歌詞に曲をあてることでザ・スミスが始まった。
簡単なドラマーのオーディションを行い、マイク・ジョイスが加入した。
当初はデイル・ヒバートがベースを担当し、サウンド・エンジニアとして働くスタジオの施設と機材を貸してデモテープを作ったが、2回のライブの後、ベーシストはマーとかつてパリス・ヴァレンティノスというバンドを結成していたアンディ・ルークに代えられた。 


バンド名

「スミス一家」というバンドの名前の由来については『ザ・スミス・ストーリー 心に茨を持つ少年』の憶測によると、モリッシーに影響を与えたザ・フォールのメンバー、マーク E.スミスの名前をバンド名に引用したという説があったが、それに対し彼らは否定した。
モリッシーは1984年のインタビューで「僕が(自分達のバンドをザ・スミスと呼ぶことに)決めた理由は、スミスは最もありふれた名前だからで、今は世界中の普通の人たちが顔を見せる時だと思うんだ」と述べている。


デビュー

彼らは、地元での評判を元にラフ・トレードと契約し、最初のシングル「ハンド・イン・グローヴ」を1983年5月13日にリリースした。
これがBBCラジオ第1のDJ、ジョン・ピールの目に留まり、彼の番組でプッシュされたものの、売れ行きは芳しくなかった。
続くシングル「ジス・チャーミング・マン」と「ホワット・ディファレンス・ダズ・イット・メイク?」は、UKシングルチャートの25位と12位に上昇。
ザ・スミスはしだいに注目を集め、実質3枚のシングルとライブのみの実績で、この年のNME誌の読者投票でブライテストホープ(最優秀新人)に選ばれた。 



1stアルバム『ザ・スミス』
1984年2月に、バンドは長らく待たれていたデビュー・アルバム『ザ・スミス』を発表する。
すでに支持層は厚く、このアルバムはUKチャートの2位に達する成功を収めた。
 
アルバムのリリース直後、モリッシーの長年のアイドルであった1960年代の女性歌手サンディ・ショウが「ハンド・イン・グローヴ」をマー、ルーク、ジョイスをバックにレコーディングした。
このヒット・シングルで、ザ・スミスはBBCテレビの生放送音楽番組「トップ・オブ・ザ・ポップス」で裸足で演奏した。
 
1984年は、アルバムのアウトテイクとなったシングル「ヘヴン・ノウズ」、そして「ウィリアム」を発表した年でもあった。
この年末、コンピレーション・アルバム『ハットフル・オブ・ホロウ』がリリースされ、好評をもって迎えられた。 




Tracking list;

01. 00:00 - Reel Around the Fountain
02. 05:57 - You've Got Everything Now
03. 09:56 - Miserable Lie
04. 14:24 - Pretty Girls Make Graves
05. 18:07 - The Hand That Rocks the Cradle
06. 22:45 - This Charming Man
07. 25:30 - Still Ill
08. 28:50 - Hand in Glove
09. 32:14 - What Difference Does It Make?
10. 36:03 - I Don't Owe You Any
11. 40:07 - Suffer Little Children 



ザ・スミス The Smiths (1984年)
 
アルバムの雰囲気は全体に物寂しく、「スティル・イル」や「サファー・リトル・チルドレン」といった曲タイトルがそれを物語っていた。
「サファー・リトル・チルドレン」は、1960年代にマンチェスターで起こり全英を震え上がらせたマイラ・ヒンドリーによる連続少年殺人事件(ムーア連続殺人)を題材にしたものである。
 
その他明らかなことは、モリッシーが歌詞などの中でわざわざ多くの文学やポップカルチャーに言及していることである。
インタビューでも彼のアイドル(アラン・ドロン、ジェームズ・ディーン、そして特にオスカー・ワイルド)について頻繁に認めているほか、歌詞の中でもささやかな引用を行っている。
「プリティ・ガールズ・メイク・グレイヴス」というタイトルはジャック・ケルアックの小説『The Dharma Bums』の一節から採られている。
こうした引用は、もともと読書好きな傾向のあったザ・スミスのファンを熱中させる要素となった。
 
「リール・アラウンド・ザ・ファウンテン」や「ザ・ハンド・ザット・ロックス・ザ・クレイドル」は当時、ペドフィリアを示唆した曲ではないかという非難を浴びている。
さらに『サファー・リトル・チルドレン』は、題材になった連続殺人の犠牲者の祖母がたまたまパブのジュークボックスで聴いたことから抗議がバンドに寄せられた。
しかし曲自体は子供たちの面した悲劇に対し同情的なものであり、モリッシーは後に曲の中で名前に言及した犠牲者レスリー・アン・ダウニーの母アン・ウェストと友情を築いている。 


音楽性
 
ザ・スミスの特徴は、ボーカルのモリッシーによるねじれた自虐的ユーモアにあふれた歌詞と、作曲担当のジョニー・マーによるギター中心の繊細でキャッチーな曲作りであった。
その歌詞は、メジャーレーベルから出ていたヒット曲やラブソングなどにあまり共感できないタイプの思春期の少年少女に強く受け入れられ熱狂的なファンを生み、後のオルタナティヴ・ロックの歌詞作りに大きな影響を与えた。
 
またその曲は同時期のネオアコまたはギターポップなどと称される一連のインディーズロックとともに、シンプルなギターを中心とした音楽の人気をじわじわとよみがえらせ、後に続くギターポップやパワーポップなどに影響を及ぼしている。
ザ・スミスはシンセサイザーの使用やダンス・ミュージックへの接近を拒んだ。


歌詞・主張
 
マーガレット・サッチャー政権、イギリス王室、バンド・エイドを批判した。
特にバンド・エイドを独善的と述べ、アフリカの貧困をサッチャーや女王に訴えるのではなく、もっぱら無職の音楽ファンから金を巻き上げているとして非難している。
バンド・エイドについてこう述べたことは有名である。
「ひどい曲だ。エチオピアの人々に大きな関心を持つようになれるのはいいが、この曲のせいでイングランドの人々の耳が毎日拷問を受けていることはまた別のことだ」。 


デザイン・ファッション
 
ザ・スミスはそのビジュアルも独特だった。
モリッシーとラフ・トレードのアートディレクターであったジョー・スリーがデザインしたアルバムやシングルには、彼ら自身の姿は一切登場せず、その代わり二色刷りで映画やポップスのスターが印刷されていた。
カバーに起用されたのはモリッシーの興味の対象で、例えば古い映画やカルト映画のスター(ジャン・マレー、ジョー・ダレッサンドロ、テレンス・スタンプ、ジェームズ・ディーン)や、1960年代のイギリスのポップアイドルなど、ほか古い映画や雑誌のモデル不明の写真から採用されていた。
 
また1980年代のイギリスなどではニューロマンティックに代表されるような、エキゾチックなファッションにとりつかれたバンドや雑誌(「The Face」 や 「i-D」 など)が多かったが、ザ・スミスはただのシャツにただのジーンズという普通の服でステージに上った。
 
モリッシーはほかにも小道具、たとえば偽物の補聴器、分厚い縁のメガネ、ズボンの後ろに挿したグラジオラスの花束などを持って登場することもあった。



(Wikipedia on 27 JAN., 2018)


smiths




























「STILL ILL」のリリックの中にあるように、まだ「心が体に従うのか、体が心に従うのか、分からなかった」頃。


まだ青春中だけどw















シックスサマナ 第30号 働くことは罪である
クーロン黒沢(著)、コイワカメラ(巻末グラビア「フィリピン色心」・写真)
SIXSAMANA
2017-11-03


4TRAVEL B級グルメ HONG・KONG MACAO macau TAIWAN とりあえずビール とりビー アメッド アメド アメリカ カメリア インドネシア カメラ ガメラ カンボジア ガンランバ ギャラリー クタ グルメ ゲイラン サイゴン サイパン シンガポール ストリート セナド広場 ソウル タイ族 タバコ ツーリング バリ バリ島 ベトナム ホーチミン ホテル ホンコン 130R マカオ オカマ マカオの安宿で マカオの定宿で マカオの路地裏で マカオ路地裏散策 モンハン ランソン レストラン 安宿 雲南 下環街 下町 海外 海外旅行 海南 街市 街歩き 観光 韓国 議事亭前地 景洪 広西 広東 香港 国境 昆明 撮影 三亜 市場 珠海 小姐 少数 民族 新馬路 雀仔園 世界の安宿で 世界遺産 西双版納 尖沙咀 台北 台湾 大韓民国 大興麺家 中華人民共和国 中華民国 中国 中国本土 定宿 東北 動画 内港 南寧 日本 髪廊 賓館 風俗 福建 福隆新街 噴水池 辺境 辺境カメラマン 北マリアナ 夜遊び 友人 離島 路地裏 澳門 澳門路地裏散策 銀塩(フイルム) デジタル クラシックカメラ トイカメラ 携帯写真 4TRAVEL B級グルメ HONG・KONG MACAO macau TAIWAN とりあえずビール とりビー アメッド アメド アメリカ カメリア インドネシア カメラ ガメラ カンボジア ガンランバ ギャラリー クタ グルメ ゲイラン サイゴン サイパン シンガポール ストリート セナド広場 ソウル タイ族 タバコ ツーリング バリ バリ島 ベトナム ホーチミン ホテル ホンコン 130R マカオ オカマ マカオの安宿で マカオの定宿で マカオの路地裏で マカオ路地裏散策 モンハン ランソン レストラン 安宿 雲南 下環街 下町 海外 海外旅行 海南 街市 街歩き 観光 韓国 議事亭前地 景洪 広西 広東 香港 国境 昆明 撮影 三亜 市場 珠海 小姐 少数 民族 新馬路 雀仔園 世界の安宿で 世界遺産 西双版納 尖沙咀 台北 台湾 大韓民国 大興麺家 中華人民共和国 中華民国 中国 中国本土 定宿 東北 動画 内港 南寧 日本 髪廊 賓館 風俗 福建 福隆新街 噴水池 辺境 辺境カメラマン 北マリアナ 夜遊び 友人 離島 路地裏 澳門 澳門路地裏散策 銀塩(フイルム) デジタル クラシックカメラ トイカメラ 携帯写真 組写真 アート ヌード ポートレート ファッション モノクロ スナップ ノンフィクション コンテスト 写真展 写真日記 家族 スポーツ 犬 猫 兎 馬 鳥 虫 ペット 動物 家畜 四季 星 月 空 雲 水 海 山 花 山野草 自然 車 オートバイ 自転車 鉄道 飛行機 船 重機 電線 建築 ビル 神社仏閣 工場 廃墟 街 下町 夜景 朝・夕焼け Cooking 食べ物 グルメ ブライダル 和洋 俳句 詩 五行詩 イベント お祭り 歳時記 下町 地域 散歩 旅 海南鶏飯 詐欺 ティーセレモニー ゲイラン オーケストラ フラッシュ・モブ 黎族 檳榔 新宿飯 百均 100均 ダイソー キャン・ドゥー マッサージ 大リーグ けいおん! ルミネエスト 楽天 イーグルス 日本シリーズ ホーカーズ 樹木葬 シックス・サマナ コイワ賓館 CECIL McBEE セシル・マクビー ゴールデン・ウィーク GW ノベルティー 吉本 お笑い 若手 芸人 ぶどう コンバース バンズ 旅の靴 スニーカー ロウ・テク ハイ・テク 断捨離 沖縄 オキナワーズ 屋台 露天 L'Internationale 国際歌 サザエさん 石の家 磯野波平 UNESCO フィリピン 大阪 関西 西日本 千日前 NGK NMB たこ焼き 根性焼き ビートルズ ずーとるび 康師傅 花街 サッカー ワールド・カップ Bカップ FIFA 玄界灘 甲板 パイパン 船上 お盆 コボン 台風 ペット ニャンコ ワンコ マ○コ 西日本 関西 大阪 心斎橋 難波 道頓堀 チベット ズバット 死者の書 アパレル ブランド マーロン 3・11 東北地方太平洋沖地震 東日本大震災 JAZZ ジャズ ビバップ ビョーク Bjork スラム 貧民街 スクウォッター メイドカフェ 経済 ドラマ 翻訳 ニュース 芸能 崩壊 天気 旅行 2ch 経済崩壊 経済破綻 経済危機 経済崩壊 最新 経済ニュース 経済の現状 経済 IMF 経済制裁 2014 ドラマ 無料 動画 放送予定 あらすじ 会いたい ランキング おすすめ BS ゴールデンタイム TBS 翻訳 音声 求人 入力 名前 発音 能力試験 単語 辞書 ありがとう 検定 電子辞書 数字 ニュース速報 ニュース us ニュース芸能 ニュース速報uー1 笑韓 ニュース一覧 YouTube 海外の反応 エンタメ ニュースサイト 芸能ニュース 芸能人 ブログ芸能界 朝鮮日報 芸能 最新ニュース Google Mountain・View INSTAGRAM インスタJKT48 VE Jessica Varanda