久しぶりの来店だと言うのに、席に着くなり「魚片粥だろ、炒麺はどうだい?」と広東語でまくし立てる店主のおばぁ。

僕は「焼売あるかい? 油条も切ってくれ」でオーダー完了。

image
























朝からチト頼み過ぎたかなと思ったけれど、実際にサーブされると一頃より粥の量は少なめだし焼売も小さ目な感じw

結局はちょうど良い量で、帰り際にポークチョップバーガーを買わずに済んだ。


こんな事でも澳門はホームだと感じてしまう。



今回澳門に来てからほとんど何も考えていないような開放感。

何かから解き放たれた感じだ。


何が無くてもここには通おう。