今回のサイパン滞在はまるっきりの「プライベート」で、撮りたい写真もシュノーケルついでの水中写真なので一眼レフは持たず、普段の写真はもっぱらiPhoneのみで撮っている。

水中撮影はジョーテンあたりで売っている「レンズ付きフィルム(写るんです系)」で良い程度の暇つぶし撮影。

そんな事を思いながら島内で一番の品揃えのススペのジョーテンに赴いたら、半年前には数種類の写るんです系が複数在庫で200〜300個は陳列されていたものが「使い捨て」系はほぼ無く、代わりに中国製と思しき低価格中途半端画素数のコンパクト・デジカメ2〜3種類が1〜2個づつまばらに陳列され、その横にフィルム充填式の「Snap Sights!(ほぼ「使い捨て」系)」が数種類。


そんな「弱い選択肢」の中にあったイカシタ「スナップ・サイツ!」の防水ハウジング・カム。

image
























実はこのブランドの防水ハウジング・カム、以前もサイパン滞在時に購入したものを今も持っているのだが、ハウジングを解除するのに専用の金具を使用して「テコの原理」で開けると言う原始的仕組みで、イマイチ再利用したく無いシロモノ。

今回購入したものは、スクリュー式にハウジングを解除するものタイプで、イマドキのデジカメのハウジングと同じシステム。

それ以前に見た目カッコ良くないっすか。

フィルムも充填式で、これは「グッド」っす。

これでUS$25。


しかしながら購入したすぐ後の「オブジャン・シュノーケリング」時に沖のドロップ・オフ周辺の珊瑚で既に傷だらけ。

ちなみにこの時、僕も身体中傷だらけで、結構な流血状態で帰宿しました。w




まぁ、そんな日々DEATH。