ブログネタ
流浪の旅 に参加中!


シェム・リアップの街中から何処ぞの観光地に向かうにもアンコール・ワットを通過点として広がっているので、用が無くても必然的に毎日この場には来る。

って言うか「来るようにしている」。

と言うのも、シェム・リアップ観光初日に西大門前の露天で、ドリンクやスナックの売り子をしている女の子たちと仲良しになり、(シェムリ滞在中は)毎日来るよと約束したせいもある。

1-DSC_0166


































さすがにアンコール・ワット正門前にあり商売もうまく行っているのか、売り込みの激しさに反してケラケラと笑いの絶えない子だった。

通しチケットの期限も今日までなので、アンコール遺跡群観光にはもう向かうつもりは無いので、再び会う事は僕のシェムリへの再訪時と言うことになるのだろう。


次訪時も会えたらいいな。


元気をもらえる子だった。



出会いがたくさんあることも旅の魅力だな。




マジで。w