ブログネタ
ワールド・ワイド・グルメ に参加中!


人口の約8割が華人のシンガでは、中国本土同様、街中のホーカーズの中や路面店などなどで「快餐(ぶっかけ飯・持ち帰り弁当、その場でも喰らえる)屋」を見かける。

3食外食がデフォルトのシンガでは外食文化が発達しすぎで、自宅にキッチン設備の無い家庭も多いとか。

(でも、さすがにお湯くらいは沸かすよな。w)

弁当や快餐のたぐいも持ち帰って自宅で食すと、容器がゴミとなるためその場で喰らう人が多い。

image






















この晩は「シンガポール初・部屋呑み」のためのつまみを「快餐」で見繕った。


「快餐」も飯が無ければ良い「アテ」になる。


これで安スコッチを一本。

image


































呑み方が間違っているってか。


気持ち良く酔えれば何でも良いんだなぁ、ボキ。w