ブログネタ
デジタル・アーカイブ に参加中!


国内でも国外でも、東京以外の街ではローカルのテレビ番組が楽しみなのはモチロンだけれど、同じようにローカルの新聞も楽しみだ。


海外の地元紙が東京のそれと奇異なのは当たり前だけれど、先日滞在した沖縄のローカル紙も面白かった。


image



















image
























テキストが地元中心なのは当たり前なのだが、センター・フォールドあたりが「訃報」で埋まっていた件。


食堂には必ずやコミックスや新聞が用意されているさまは、本土(本州)の30年前のデフォだった気がするが、この地では未だに。


まだこの地は「政治の時代」が生きているのかな。


いろいろな側面で。