ブログネタ
デジタル・アーカイブ に参加中!


『カリキュラマシーン』は、1974年4月1日から1978年3月31日まで、日本テレビ系列で毎週月曜日から土曜日の早朝に放映されていた子供向け教育番組。

アメリカの教育番組『セサミストリート』を目標として、教育要素に『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』のギャグエッセンスを加えた。題名は「カリキュラム」から。

ちなみに『セサミストリート』は同じくアメリカのコメディ番組『ラフ・イン』を手本に作られており、『カリキュラマシーン』のスタッフは同番組に取り掛かる前の習作として、日本版『ラフ・イン』として『ゲバゲバ90分!』を作ったという。

番組内の教育カリキュラムの策定には無着成恭が関わっている。

五十音表内の文字をアニメーションで動かしたり(なお、片仮名、漢字は一切出てこなかった)、拗音や促音について図的に発音を示唆したり、タイルによる学習をできるだけビジュアルにみせたり、と、今日でも通用すると思われる映像やそこに貫かれている訴求方法で、幼児教育内容を扱った。
(Wikipedia)




すごく豪華な出演者による「子供番組」。

この番組を覚えている人って、今現在45歳以上かな。

Youtubeで見つけたので貼っておきます。



「あいうえおの歌」のアニメーションが印象的だった。

wall_l





























なつかすぃ〜い。