ブログネタ
世界の安宿で に参加中!
この宿で朝目覚めると、とりあえずハーフ・パンツだけ穿いて、部屋にあるマグ・カップを手に階下のロビーに赴く。

フロントの前にはネット・スペースがあり、その脇に毎朝コーヒー・メーカーがワゴンに乗って用意され、一緒にプラ・カップや砂糖・クリーマー・マドラーが置かれる。

image






















手にしたカップにクリーマーを多めに注ぎ、その上からコーヒーをなみなみ注ぐ。

それを手に宿の部屋の前にあるラナイにある椅子に座って、朝日を浴びながらそのコーヒーを飲むことがここでの一日の始まりの儀式のようなものだ。

image
























アメリカの個人経営のモーテルでは良くあるシステムだけれど、アジアでは無いよなぁ。w


ライフ・スタイルなどと言うものは為政者による教育とメディア操作の「刷り込み作業」の産物なのだろうが、地勢的にアジア圏内にある「サイパン人」が須らく「アメリカン」なのにはそんな理由があるのだろう。


若い時分にアメリカで過ごしたことのある身には、ここでの暮らしは「楽過ぎる」。w



コーヒーの序に焼きたてのクロワッサンでも添えられたらファビュラス!




(自分で事前に買っておけば良いのか。w)