ブログネタ
澳門 に参加中!
1888年の清朝時代に広東省香山県南水郷(現中山市)で李錦裳が発明・創業させたオイスター・ソースの「李錦記(意訳すると「李錦ちゃんの」みたいなものかなw)」。

その後販路を拡大するため、1902年に移転してきた先が澳門内港のこの地。

それ以来、本社が香港に移転しようが、アメリカに販路を広げようが、「聖地」としてなのか販売店がこの地にある。

DSC_0109





















商品名はでかでかと建物を取り囲むかのように書かれているけれど、実際の店舗は「三坪」ほどの小ささで、何時も暇そうにオヤジが待ち構えている。w


その内、この場も何やらのメディアで取り上げられては「福隆新街」のオマケのような扱いで観光地化していくのかな。


この街は至るところに「物語」がちりばめられているけれど、それらを観光地へと「演出」していくさまも一流だからなぁ。w



僕の澳門での定宿があるエリアが観光地化されていくのは吝かではないけれど、多くのこの場を訪れるローカルや観光客は「煌びやかな」ものが好きなのだろうし。


否、民主主義の名の下に、僕も応援しますよ。w