ブログネタ
流浪の旅 に参加中!
ソウルでもバリ島のクタでも、バンコク、カルカッタ、カトマンズ、シンガポール、マカオでも、バック・パック・トラベラー(バック・パッカー、パッカー)が集う通りがある。

そんな通りは大概「猥雑」で「不健康」で「退廃的」で「刹那」なエーテルが漂う。

6e20bb47
































それでも朝は例外的に清々しい。w



夜は反動的に胡散臭いけれどね。