ブログネタ
流浪の旅 に参加中!
僕は元来「路地裏」も「高層建築物」も大好物だけれど、薄っぺらい建物も大好きだ。

九龍城址を構成した「ペンシル・ビル」にも萌えるし、ニュー・ヨーク・シティーにある「フラット・アイアン・ビルディング」や澳門の「広州大酒店」のような、叉路に挟まれた鋭角な土地に(無理やり)建てられた建物に萌えマックスになる。


ベトナムはフランスによる統治時期があったため、街中にその当時の面影を垣間見る建物が点在していると言われるけれど、ホーチミンではそれ程目にしないなぁ。


そんなサイゴンでもこの建物は「南欧の雰囲気」を醸し出しているなぁ。

DSC_0375




















これが「南欧」かって?


多分。w


行ったこと無いけど。w