マカオに「ハマる」以前、インドネシアの「バタム島」にハマっていた。

島全土が「シンガポールの旦那」向けの「売春島」の様相で、郊外には「喜び村」まで完備している「まさに」の島だ。


シンガポールはその島へ訪れるための「ストップ・オーバー・ポイント」であって、それ以上でもそれ以下でも無い場所でしかなかった。


今年は視点を変えて、新たな「居場所」を模索しようと思い、その手始めにここに来てみた。

99c7fabe.jpg







































ヤバイ、ハマりそうだ。w