ブログネタ
澳門 に参加中!
マカオ滞在時の僕のメイン・ダイニングは「ご存知w」ってなとこだろうが、酔っ払った常連客たちにからまれるまで(w)は店のママ(老板・オーナー)とサシで呑む事が多い。

会話の内容は互いの近況報告やら旅の話やら、中国人(華南人)の古い風習やら何やらかんやら。

チト前までは勢いに任せて・且つマカオにいる高揚感からマテウスを2本も3本も空にしていたけれど、ここ一年ほどは近場にフィリピン系の大きめな「超市」が出来て、その超市の酒コーナーの品揃えのレアさに色々と買い込みに(呑んでる最中に)行き来する。

マテウスを一本空けてはママと連れ立って超市に赴き、呑んだ事の無いブランドやテイストのビールやカクテル、リキュールなどを、シェアして呑むママの意見を取り入れつつ2〜3本づつ買い込んでは「美味い」だの「美味くない」だの「呑み易い」、「呑み辛い」だのと喧々諤々やりながらまた旅の話をしたり歴史の話をしたり。

画像 199





























酒を呑まない人にとっては「酒飲みの戯言」ほどウザイものは無いのだろうが、酒飲みにとってそれは「洒落」だったり「間」だったり。

まぁ、コミュニケーション・ツールであることには異論は無いだろう。



あぁ、酒好きで良かった。

あぁ、酒に強くて良かった。

(俺を取巻く周辺の人々もね。w

これを世間では「類友」って言うのだろう。



だろう。)