ブログネタ
裏バリ に参加中!
人口数万程度の小さな街であるギリマヌクだが、ジャワ島からのフェリーが24時間運航されているため、街道沿いは引っ切り無しに大型のトラックが行き来する。

それは真夜中でも(その数は減るものの)変わりはない。

そんなトラック・ドライバー目当ての商売も24時間営業で行なわれている場所も多く、「身を鬻ぐ商売」も例外ではない。

そんなギリマヌクの置屋は、他のバリ島の小さな街同様「ワルン」の店頭でピキられる。

ギリマヌクで一番名の通った場所が「4番街(ガング・ウンパット)の置屋」だ。

SBCA4366SBCA4363










SBCA4364SBCA4362


















この有史以前からある商売は、貧富の差や人口の多少にかかわらず、必ずや世界中に存在する。


一人旅の一人寝の夜には心強い存在だ。

これで明日も生きて行けそうだ。w