ブログネタ
ディープ・チャイナ に参加中!
東南アジアの灼熱を体感すると、中国本土の灼熱も恋しくなる。

それもマカオやホンコンのような「街中」で感じるのではなく、やはりより辺境に近い場所がいいなぁ。

そんな思いを燻らすと、つい広西のピンシャン(憑祥)を思い出す。

DSC02103DSC02104










DSC02106DSC02107










DSC02112DSC02118










DSC02123DSC02122










ベトナムと国境を接する「国境街」と言う以外は、何ら他の中国の地方都市と変わらない街だったけれど、何か「のんびり」・「ほっこり」した雰囲気のある街だった。

この街では良い出会いが多かった。


前回赴いた時はベトナムからナンニン(南寧)に戻るためのストップオーバーで、両替したり列車から高速バスに乗り換えるために街中をバタバタしただけだったので、次回もし訪れる機会があれば、ゆっくり2〜3泊して街散策を楽しみたいなぁ。

(妖しい「賓館街」もある事だし。w)