ブログネタ
澳門 に参加中!
荷蘭園大馬路(Avenida do Conselheiro Ferreira de Almeida)


在澳門半島中部,南端在東望洋街口接水坑尾街,北端至美副將大馬路。

長1030米。荷蘭園在今進郭g于攣慮邸γ2窃花園之間,後誤以為指塔石球場附近一帶。

19世紀後半葉,在塔石球場附近開馬路,原被命名為肥利喇亞美打大馬路,因為名稱很不順口,市民便叫它荷蘭園大馬路或荷蘭園正街。

它與水坑尾街連成一氣,縱貫南北,是澳門半島主要交通動脈之一。

南段商店林立,比較繁盛。

北段多高層住宅樓宇。

著名的盧廉若公園在馬路中段西側。

中段有幾座葡萄牙式花園住宅,被列為保護建築物。

澳門中央圖書館和澳門歷史檔案館都在該馬路,還有全澳最大的書店——澳門文化廣場有限公司。


(澳門百科全書より)



img386

















DSCN0830



































DSCN0823





















ひと頃はバスコダ・ガマ公園前の雑居ビル全てがタイ人向けの「食堂」や「法律事務所」「ウェディング・ドレス屋」などで埋め尽くされていた荷蘭園大馬路の南側だが、近年は在澳タイ人コミュニティーの勢いは弱く、ほとんどのタイ人向け施設は荷蘭園大馬路から一本奥まった亞卑寮奴你士街に集中している。

まぁ、どっちにしろこの周辺にいると「マカオにいる」と言う感覚ではなく「バンコクのヤワラート(中国人街)」にいる錯覚に陥る。

荷蘭園大馬路ならまだしも亞卑寮奴你士街じゃぁ、ヤワラートとは規模も施設の充実度も人の流れも、比較にならないほどこじんまりとしているけれどね。


まぁ、しかしながらマカオでは「タイ人街」と呼ばれているエリアでもあるのは事実。