ブログネタ
澳門 に参加中!
位於澳門公局新市南街。佔地3500平方米,原建築呈長方形,樓高兩層,特別是地下中段是街道,二樓則跨街而過。百多年前,原在靠近板樟堂街一側,有不少攤檔摆賣,形成集市,後來在附近闢建市場。據《香山縣誌》記載:“營地,在澳東南隅,與會館相接,舊屯營所,就其地市焉。築亭於四隅,後燬於火。”40多年前,營地街市原是露天的,分成南北兩個市集。至1949年,市政當局就地興建成結構較為合理的街市。1996年開始改建工程,完工後成為一座連地下共7層的綜合性街市,地下為停車場,一樓、二樓及三樓為小販攤檔,四樓為社區活動中心。
(澳門百科全書より)

観光目的で訪れるなら、断然「紅街市」の方がビジュアリスティックなのだろうけれど、あの世界遺産ひしめくセナド広場脇にあるってのは、ローカルの暮らしを垣間見るのにはもってこいだと思うのだが。

DSC00349






































市場外市場の規模もでかいし、品揃えもデパート並みに揃うはず。

(クオリティーは置いといて。w)

マカオの市場(街市)の中で、一番利用客の多い市場なのは確かだ。