ブログネタ
澳門 に参加中!
今現在は「立派な」出入境管理のための建物がマカオ側・拱北側双方にあるマカオ・珠海拱北ボーダー。

20年ほど前はマカオ側からは(ビザさえ取得すれば)簡単に中国本土側(珠海拱北側)に(当時は)入国できたものだったが、バイスバーサは困難で、人民が簡単にマカオ側に入国は出来なかった。

その後マカオがポルトガルから中国へ返還されたり、人民も(色んな条件付きながら)マカオ側への入境が可能になったりして双方の人の流れが多くなるのを見越してだったのか1998年ごろから数年の年月をかけて改装された。

img367


















img368


















img369



















(古い「紙焼き」のスキャンニング画像なので低クオリティーごめん。)

注目すべきは拱北口岸広場のピカピカ感!

雨上がりではなく、新しいがためのリフレクション。

テッカテカだよね。w