ブログネタ
ディープ・チャイナ に参加中!
EGOIST

(ハイエンドなラグジュアリー感をカジュアルに表現している、セクシー系の大人めブランド。どこか懐かしさを思い描く40年代〜60年代の映画に登場するハリウッド女優をイメージしてディティールやライン、カラー、小物などに取り入れたクラシカルライン。あくまでもフランスにあるカフェの中に登場する人物をイメージして映画の “ティファニーで朝食を”や“ムーランルージュ” の世界観の様にさまざまな場面をエッセンスに加えて入り混じった1コマをイメージし、スタイリングを実現しています。

トレンドを取り入れつつもトレンドに左右されない芯の通ったテーマを掲げ、10代-20代、 30代と幅広い年齢層でファンも多数!セクシーなお姉系ファッションとしてカリスマブランド的地位を確立しています。

マウジーを立ち上げた森本容子氏、エゴイストに残りランジェリーラインやラヴィジュールをプロデュースした中根麗子氏を筆頭にしたカリスマ店員ブームの仕掛役として、マルキューブランドの立役者として、その存在には確たるものがあります。

「ファッションぺディア」より)


まぁ、分かったような分からないような、要は「何でもあり」がコンセプトなようだが、結構長年需要はあるようで、女性向けブランドながら男性にもその知名度率は高い。

もちろん海外での評価も高いのは当然で、雲南省西双版納の辺境である「モンフン」の少数民族にも支持されているようだ。

img315













































「パチ」だろうけれど。w