ブログネタ
ワールド・ワイド・グルメ に参加中!
都内で「ワン・コイン・ランチ」の双璧と言えば「黄金の蔵」と「さくら水産」が挙がるだろうが、新宿にはもう一軒「博多八郎」と言う選択肢がある。

これら3軒は本来「格安居酒屋」なのだが、昼間はランチ展開をしていて、そのクオリティーや価格を競い合っているかのようだ。

その中でも「博多八郎」は「薩摩八郎」の傘下ながら、まだ歌舞伎町に一店舗のみでがんばっている。

(ちなみにふたつ上の階には「さくら水産」が同じビルに同居している。w)

SBCA4158




















SBCA4159SBCA4161










SBCA4182SBCA4213











日替わりランチは500円の「A定食」と580円の「B定食」があり、それ以外にも「刺身定食」とか「焼き魚定食」とか「博多カレー」とか、まぁいろいろ。

定食類はご飯とおしんこがお代わり自由で、2種類のふりかけも用意してあるのは「さく水」を意識してのことかな。

「推し」は「さく水」や「金蔵」と違って、おかずが「作り置き」では無くオーダーを受けてから一つ一つ作ってくれる事。

昔、飲食関係で仕事をしていた友人は「ワンコイン・ランチ」で一番「シュッとしている(?)」と絶賛していたが、ランチを「餌」と考えている僕には「さく水」や「金蔵」の「雑多さ(ジャンクさ)」もまた魅力なのだが。w

まぁ、選択肢が多いことに越した事は無いけれどね。