ブログネタ
ディープ・チャイナ に参加中!
「少数民族の宝庫」と言われる中国・雲南省だが、さすがに首府である昆明は大都会然としていて、日々の暮らしの中で目にする少数民族と言えば、街中で食堂を開いている「回族」か辺境から出てきたばかりのカッペがチラホラ程度。

まぁ、バス・ターミナルとか鉄道駅とか、人民が多く右往左往している場所では目にするけれど、この街の少数民族度は実際には10%にも満たない。


そんな大都会である昆明の中心部で、いきなり大人数の少数民族の集団とすれ違ったりすると「祭りか?」と思うのは日本にいるのと同じ感覚だ。

img357



















img358


















img359



















まぁ、「祭り」か、何かしらの「催し物」の帰り道だろうなぁ。


何族だろうか?

やたら華やかだが、あまり目にしない帽子だなぁ。

衣装自体は「ハニ族」っぽいんだけどなぁ。



街中で突然こんな集団とすれ違うとビックリするよな。w