ブログネタ
澳門 に参加中!
DSC02179




















DSC02180





















ホンコンからフェリーに乗ってマカオに着いて最初に乗り込む市バス。

タクシーと違って、いきなりマカオの市井に触れては「帰ってきた」と実感する瞬間だ。

日本と同じようにお年寄りや妊婦・ハンディーキャップを持つ人用の優先席もあるが、そんなものは関係なしにどの席に座っていてもローカルは譲り合うのが昔からの習慣。


マカオ半島内で生活していれば、通勤・通学・その他の移動においても15分以内で目的地についてしまう街の「狭さ」は「移動に対してのストレスが無い社会」を必然的に作り出す。

車内はどんなに込んでいようと、日本と違って「殺伐」とはしない。

そこに南国特有の「ユルイ雰囲気」が加わって、混雑さえも楽しんでいるかのようだ。

(市バスには「人民観光客」も乗ってこないしね。w)