ブログネタ
ディープ・チャイナ に参加中!
中国本土からベトナムに陸路で向かう際の「ハブ」になる憑祥(ピンシャン)。

街の中心部には結構大きな市場があり、そこを中心にして街が広がっている。

市場には胡散臭い両替屋やスリフトがそこそこあり、多種多様な商売に関したポン引きも多い。

ベトナムから中国に陸路入国した時には、街中の両替屋で済ましてしまいそうになるけれど、ここはレートが悪すぎる。

と言うか、ぼったくる。

DSC_0195


















DSC_0199


















DSC_0202
















DSC_0197



















この街で両替するなら、這ってでも中国銀行憑祥支店まで行け。

銀行は市内にごまんとあるけれど、外貨両替できるのは街の中心部から2〜3キロ離れた中国銀行の支店のみ。

私設両替屋はそんな地の利を熟知していてぼったくるのだ。

でも両替屋やポン引き以外の人民は、ベトナムと国境を接し、壮(チワン)族の自治区でもあるので、皆ものごしが柔らかで、優しい人たちが多い。


この街もいい街だ。

広西は何処へ行っても良い印象しかないなぁ。