ブログネタ
ディープ・チャイナ に参加中!
中国南西部のドン詰まり。

ビルマと国境を接する雲南省西双版納の打洛。

img308img307









img310img309










国境線上の街と言うものは、得てして治安が良くなく・怪しく・猥雑な場所が多いものだが、この街は「安定している」と言うか何か落ち着き払った感がある街で、雲南省辺境部の貧しさはあるものの「諦め」に似た潔さのようなものが感じられた。

治安は決して悪くは無い。

しかしながら麻薬の密貿易の盛んなエリアではある。

ビルマで製造された麻薬は中国辺境のこんな街を通過して、沿岸部の大都市で消費されるのだろう。

この街に滞在して昼夜くまなく街を見て回ったが、街中では「薬の気配」は感じられなかった。

良い街だった。



緑の多い街でもあった。