ブログネタ
ディープ・チャイナ に参加中!
毎度毎度の雲南省昆明駅前。

桃源郷幻想に焦がれてこの地に赴くと「ここが辺境と謳われた雲南省なのか?」と自問自答したくなるほどの「近代都市」ぶりに驚かされたりがっかりしたり。

まぁ、そんな焦燥はさて置いて、ここは多種多様のピキ(ポン引き)が24時間引っ切り無しに、どこからとも無く現れては消えて行くよな。


img302img303









img304img305img306











ピキるのも「外国人」相手と言うわけでもなく「沿岸部やその他の地域から来た風情」の中国人にもピキるので、まぁ「街の機能」としては需要と供給のバランス的に「回っている」ってとこか。

同じ国民同士でどうやって「よそ者」を見分けるのかって?

それは「地元民はダサい」だろ。

それ以外が(ダサく無い)のが「よそ者」ってことだ。w