ブログネタ
世界の安宿で に参加中!
バリ島南部のインド洋に面したクタの街がバリ島への空からの玄関口で、観光客のほとんどがこの街で完結してしまうほどの「観光センター」でもある。

宿の数も天文学的にあり、日本円で1泊何百円の激安宿から1泊何百万円もするスーパー・ラグジュアリー・スイートまで選択肢も多い。

それぞれのアコモの中にもドミからスイートまで種類も様々だろうが、この宿で僕が宿泊したのは「レギュラー・ツイン」の部屋で、AC・TEL・ホットシャワーにマンディ・朝食付きで2000円位だった気がする。

バリ島 (148)バリ島 (136)











「ジャラン・カルティカ・プラザ」沿いの路地裏を北側に結構入っていった場所にあり、周辺には似たような「ロスメン(ミニ・ホテル)」が密集しているエリアだった。

Mustika Inn 02Mustika Inn 00










Mustika Inn 01Mustika Inn 03











部屋はいたってシンプルな「バリ風」で、特にどうのこうのと言うほどのものは無かったが、中庭に面した広めの「バレ風」のホールがあり、ここで過ごす時間が快適で、スタッフや他の宿泊客とお喋りしながらここにいる時間が多かった。

朝食はいたって簡素なものだったが、トーストもコーヒーも御代わりできたし、宿の周辺には数軒のワルンがあったので不自由は無かった。

こんな場末の安宿ながらエントランス代わりのロビーには24時間誰かしらが(仮眠を取りながらも)常駐していて、セキュリティーに対する意識は高そうだった。

バリ島の宿は見た目では安全性が図れないよなぁ。w