ブログネタ
澳門 に参加中!
商品になるかならないか(他人の評価)は別にして、自分の撮った写真の中で好きな写真はいつも「ピンボケ」だ。

「キレイな写真」はカメラ・マニアなお年寄りに任せるとして、僕はもっと「ドラマ性のある写真」を撮りたいといつも思っている。

DSCN0545











そんな事を思いながら写真を撮り続けていると、ピントさえもわざと合わせない写真を何枚も何枚も撮ったりする事もある。


商業用の写真は指輪の裏の刻印さえもはっきり読み取れるように撮るけれど、趣味の範囲で撮っている写真はこんなもんだ。


今はカメラの性能自体が高くなりキレイな写真を撮る事など誰にでも出来る作業になったけれど、その反動がトイ・カメラの流行などに見られる、いわゆる「味のある写真」を求める人が増えている来ている証拠だろう。


「キレイな写真」イコール「いい写真」ではないと言うことだな。

誤解するなよ。