ブログネタ
澳門 に参加中!
マカオ路地裏散策マニア(ウェブ上で確認したところ4〜5人)には結構昔からナイス・ビューな穴場として「恋愛巷」がある。

マカオ通が編纂した本の中では必ず話題になる路地裏だけれど日本ではあまり話題にならないなぁ。


ポルトガル様式の華やかな色彩の建物が軒を連ねる路地裏で、大三巴街から通りを眺めると奥の建物の隙間から大三巴(セント・ポール天主堂)の斜めからの姿を眺める事が出来る通りだ。

以前はこの辺の住民の自家用車が路上駐車されているような、なんでもないその辺の路地裏風情だったけれど、近年は路地もカルサーダス化され、道の中心に鉢が置かれたりして「大堂斜巷」や「仁慈堂右巷」のようなフォト・ポイントになっている。

画A433~1画A432~1











真正面から眺める大三巴も確かに圧倒されるような威厳さを感じるけれど、斜から眺める大三巴もなかなかの雰囲気がある。


世界遺産に登録された場所だけでも30ヶ所もあるマカオは、初めての訪問ではそれ以外の場所を訪れるのはなかなか容易ではないだろうけれど、2度目・3度目のマカオ観光時にはこんな風景を眺める時間を作るのもいいのでは?

画A435~1











「本当のマカオの姿は路地裏にあり」。


これ、僕の持論。