ブログネタ
世界の安宿で に参加中!
バリ島の空の玄関口である「デンパサール国際空港」は実際にはデンパサールにあるわけではなく、島の南端に近いクタ近郊にある。

この島に向かうために格安の航空券を手配すると、成田発だろうがホンコン発だろうが、現地到着が夜になる事が多い。

また帰りの便の出発時間は深夜になる事がほとんどなので、結局然したる用事も無いクタの街で行き帰りに宿を取らなくてはならない。

そんなストップオーバーのための宿など何処でもいいので、行き当たりばったりで決めている。

この宿もそんな宿のひとつで、特記するまでも無い典型的な「バリ宿」だ。

(それでも初めてのバリ島旅行でこの宿に宿泊したら、それなりに「バリ風情」を感じるのだろうけれどね。w)

masa inn 1masa in 2










masa inn 3masa inn 4











朝食、ホット・シャワー、マンディー、AC、TV、TEL、が付いて1泊Rp250000(JPY2500)位だった記憶がある。

クタの中心である「ガング・ポピーズ」にあるこの宿。

宿への入り口がフロントからのみで、24時間フロント・マンが常駐しているため、外部の人間(宿泊客以外)は簡単に出入りできない仕組みになっていて、僕が深夜宿に戻る際に現地の女の子と一緒に宿に戻ろうとしたら、僕はスルーだったが女の子にはI.D.の提示を求めていた。

まぁ、それが近年観光客でごった返すクタに於いての「セキュリティー」なのだろうなぁ。

近年は色んな事件も起こっているのも事実なので、いくらバリ島と言えどもこう言う対応はウェルカムだな。

しっかりした宿だ。