ブログネタ
澳門 に参加中!

ホテル・ギア(東望洋酒店)を定宿にしていた頃は普通の観光客同様、市バスの28Cをよく利用していたけれど、今の定宿に移ってからは乗る機会も無い。

img164











朝は近場でテイク・アウトしたカフェオレを飲みながらバスコ・ダ・ガマ庭園で行われている太極拳を眺めては「東望洋斜巷」を上り「松山馬路」を一回りしたり「東望洋新街」を行ったり来たりしたり。


夏場の暑い日は庭園脇の市営プールで2時間ほど泳いだり甲羅干ししたりしてデトックスした後「新得勝馬路珈琲美食」で激安の(量の多い)ポルトガル料理をビールで流したり。

帰りは「火薬局斜巷」を登るのだが、この坂道の「20世紀度」と言ったらたまらない。

蔦が絡まりまくった建物やフェンスに囲まれた通りには「再開発」などと言う言葉は松山の山向こうの話だ。

img169img168









img167img165










いつまでも「裕福な下町」のままでいて欲しいと思うけれど、最近はバスコ・ダ・ガマ庭園も近代的に改修されたり、路地裏の木々が倒されたりして「開発」と言う魔の手は近くまで来ているのかな。

「崗陵街(荒字巷)」を上ったり下りたりするだけでも「マカオ・ハート」を感じられる。


このエリアって「怪しい雰囲気プンプン」なのだが、実は異常に治安の良いエリアで、夜中でも女性の一人歩きしている姿をよく見かける。

「マカオ・ハート」なんだよなぁ。