ブログネタ
裏サイパン に参加中!
毎週木曜日の夕方から行われる「ガラパン・ストリート・マーケット」は観光客向けの催しの色合いが強いが、毎週土曜日の早朝から行われる「ススペ・サタデイ・マーケット」はローカル向けの催しだ。

ススペの市民センターの向かい側にある広場には、土曜日の早朝から駐車場確保の渋滞が起きているので、ビーチ・ロードを走っていれば場所はすぐ分かるはず。

一応駐車場係のような人が数人いて先導してはくれるが、専用の駐車場など無く、マーケット周辺の空き地にランダムに駐車する感じなのはそれこそ「アイランド・テイスト」。w

売られているのは「自家製」の物がほとんどで、野菜や果物、それらを利用したジュース・スタンドやお弁当屋。

他には「アピギギ」などのローカル・スイーツや軽食類など。

DSC00232DSC00233










DSC00236DSC00237











観光客にはあまり購買意欲の沸かない様な品揃えだが、長期滞在者やコンドミニアムに宿泊している人たちには、スーパーマーケットより安い値段設定なので重宝するかも。

それ以前に観光客などほとんど来ないので、本当の意味での「ローカル感」を肌で感じられる。

(その代わり日本語は通じないけれどね。)

僕が行った日には「サイパン歩け歩けフェアー」みたいな催しも行われていて、お揃いのTシャツを着た地元の人々に消防車で(熱中症予防のためなのか)シャワーのように放水していた。

そんな光景って「いかにも南国」を感じさせてくれる。

おおらかと言うか鷹揚と言うか。w

地元では「アイランド・スタイル」って言うんだよね。



サイパンは本当に何も特別な事の無い島だけれども、普通に生活していて感じるローカルのやさしさが日々身に染み込んでくるんだよね。


(夜は引ったくりや強盗ももちろん出るけれどね。)


ごぞんじ。