ブログネタ
流浪の旅 に参加中!
10年くらい前まで、やたらインドネシア・リアウ州(現在は「リアウ群島州」)のバタム島に通っていた。

当時出稼ぎでバタムに滞在してコミュニティーを形成しているバタ(メダン近郊出身のキリスト教徒)モスレムの諍いが元で発生する暴動が市場を中心に頻発していて、街のそこかしこでもクリス(インドネシア版青龍刀)による切り合いも起こり、商店を経営している人たちは略奪を恐れて店を開けれないほどだった。

そんな情況にありながらも、僕が毎晩バタム島ナゴヤ近郊の「喜び村」である「サミョン」で遊べたのは、カリマンタン・ギャングメダン出身の(モスレムの)ゴロツキ達と行動を共にしていたからだ。

img131img137img135











img133img132









img136img134










みんな「せこく」「こすっからく」「怪しげ」だが、「情に厚く」「義理堅く」宗教や民族性より「友情を大事にする」男達だった。


昔これらの写真を日本人女性の若い友人に見せたら、「この人たち、コワーイ!」と言いながらドン引きされた。

あのなぁ、見た目怖くても、一応俺のダチなんだけど。

普通、人の友人見て怖いって言わないよね。

(まぁ、確かに強面ではあるけど。w)




しばらくぶりにバタムも行ってみたいなぁ。


(相変わらずだろうけれど。w)