ブログネタ
澳門 に参加中!
澳門大会堂で映画を観た後は八角亭前の「水坑尾街」に唯一ある横断歩道を横切り、(昔は近西街と言う名だった)「美麗街」から「大堂斜巷」を上り「大堂街」へ出てセナド広場に戻る。

一本北側にある「天神巷」は、マカオの原宿さながらに地元マカオの学生やホンコンから買い物に来た若い子達でにぎわっているが、美麗街から大堂街までのルートはローカルのO.L.さんたちが行き来する姿のみが目立つ落ち着いた雰囲気の通りだ。

SBCA0307SBCA0347SBCA0346











SBCA0309SBCA0310SBCA0311











大堂街まで出ると眼前が開けて、大堂前の噴水広場には観光客の姿や、昼間からおしゃべりに勤しむフィリピン人女性達の姿がある。

しかし、浮かれているわけではなく、むしろ落ち着いた雰囲気だ。


マカオの観光センターであるセナド広場から100メートルも離れていないのに、ここまで来る観光客って少ないよね。w

大堂前広場は地元では「大廟頂」と呼ばれ、葡語では「Largo da Se」と言う。

大堂は教会(チャーチ)ではなく、カテドラルだ。

葡語では「Se Cathedral」だ。


世界遺産登録前に改修されたこのエリアは、テイク・アウトのランチをとるのにもってこいな場所だ。