ブログネタ
ディープ・チャイナ に参加中!
中国とは言ってもマカオやホンコンは公共の交通機関が充実しているし、狭い土地に自転車やバイクがゆっくりと走るほど道路は広く作られていない。

まぁ、バイクなら飛ばせば原チャリでも車の流れに沿って走れるのでマカオやホンコンでも良く見かけるが自転車はあまり走っていない。

今まで訪れた中国本土の街もほとんどが辺境で、日本のテレビでよく観られる「通りを埋め尽くす二輪車群」などは目にしたことがなかった。

そんな中国旅を続ける中で、雲南省の首府昆明で始めて目にした自転車やバイクなどの二輪車の群れ。

(まぁ、規模的にはこじんまりした物だけれど。)

多分通勤・通学の帰宅時間だったのだろう。

img416img417









img412img420









中にはこんな自転車・バイクの群れに混じって「ローラー・ブレード」でバイク並みのスピードで飛ばす「おばさん」もいたりして面食らった。

img418











中国もこの辺まで来ると東南アジアの雰囲気が感じられて、華南地方ではあまり目にしない「三輪バイク・タクシー(タイのサムロー or トゥクトゥク)」のような物も多く目にする。

(ここ数年西南地方以外でも、地方都市では幅を利かせているらしい。)

そのデザインも色彩もさまざまで被写体として結構絵になる。

 西双版納 (214) 西双版納 (219)










img423 西双版納 (549)









でも実際に乗ると、街の排気ガスや埃をもろに体に受けるので、長距離の利用はしたくないなぁ。