ブログネタ
ディープ・チャイナ に参加中!

2007年にNHKで放送された「関口知宏の中国鉄道大紀行」と言う「乗りテツ」な番組があったが、僕自身が華南から西南地方へ旅している時期と旅程がほぼ一緒だった事もあって、帰国してから総集編などを観て、その時のライブ感を思い出したりした。

僕は鉄道マニアでは無いが、長旅は鉄道を使ってするのが一番好きだ。

車窓に流れる風景を見たり・撮影したり。

食堂車で出される中華料理と車窓に広がる風景をつまみに、ダラダラとビールを呑んだり。

20時間30時間と乗り続けていると、車窓越しに眺める風景にも少しずつ飽きてくるが、そんなときに見かける停車駅や通過駅の眺めは、今自分がどこにいるのかの確認になる。

 西双版納 (49)img083










 西双版納 (946) 西双版納 (134)










 西双版納 (113)DSC01989










 西双版納 (945) 西双版納 (940)










img084img085









img087img086









DSC_0608DSC_0599










 西双版納 (162)img382










広東省・広州から出発して雲南省・昆明まで、タイム・テーブル通りなら24時間強貨物列車(これがハンパ無く長い。通過待ちの時に何の気なしに数えたら60両とか70両とかの物凄い長さの列車が普通。)の通過待ちが何度もある時は26時間以上かかった事もあった。

まぁ、鉄道旅などをしようとすること自体がそれ程急ぐ旅でもないので、そんなディレイも気にはならない。

ん? 

俺って若干「乗りテツ」かなぁ。w