ブログネタ
世界の安宿で に参加中!

中国は雲南省景洪の郊外にあるガンランバ(モンハン)。

以前はラオスと景洪を結ぶルート上にあったため、海外からの観光客の姿も目にしたものだが、2009年に出来た高速道路のルートから外れたせいか、今現在この街を訪れる観光客は中国国内からの旅行者がほとんどだ

西双版納では一番規模の大きな「タイ族園」があるため観光客の往来は多いが、そのほとんどは景洪からのエクスカーションの様な気がする。

そのわりに街中には大小色んな規模の宿泊施設があるが、僕の目には「供給過多」のような気がするが.......

そんなガンランバにあるB級宿(中にはA級もありますが)を画像のみでご紹介しましょう。

 西双版納 (578)DSC_0228










DSC_0231DSC_0289









DSC_0673DSC_0728









DSC_0742DSC_0229









DSC_0667DSC_0681DSC_0730











DSC_0746SBCA3894 西双版納 (395)











これらは全て街中にあるホテルだが、これ以外にも市場の中に数軒の(平均的な日本人には到底宿泊可能ではないC級な)宿もあるし、「タイ族園」の中にも昔ながらの高床式住居を利用したホテル(民宿)もたくさんある
 西双版納 (436)











僕はガンランバに定宿があるので、それ以外の宿の宿泊費は知らないけれど、この辺の相場でC級宿なら吉野家の牛丼以下の値段で宿泊できるだろうし、B級宿なら日本で普通にランチを食べる以下A級でも居酒屋で呑む以下の値段で宿泊できるだろう。

まぁ、それ以前に中国の雲南省のこんな辺境に行く日本人なんてほとんどいないだろうけどね。w