ブログネタ
ディープ・チャイナ に参加中!
僕の腹は普段から緩い。

まぁ、毎晩キリ無く大酒を呑むせいだと分かってはいる。

旅に出ても自宅にいてもその生活は同じで、朝・昼ときちんと食事をとり、夕食時は酒とつまみで済ます生活が20年以上続いている。

「酒とタバコと女のうちひとつを選べ」と言われたら、躊躇無く「酒」を選ぶだろう。

なので多少の腹の緩さは「生活習慣」だし、気にもしない。


しかし「(長距離)バス移動」前は別格で、多少酒は少なめにして、つまみもなるべく「安牌」を選んで食べるようにしている。


それは今まで利用してきたバス内に「トイレ」など付いている事自体稀だし、バスは一度乗り込んでしまうと数時間に一度の「トイレ休憩」や「食事休憩」まで停車はしないからだ。

(まぁ「非常事態」になって、運転手に懇願すればどうにかなるだろうけれど。)

そんなわけで、この後昆明まで飛行機で3時間ほど飛び、そこからバスで
10時間前後揺られる予定のコロンス島では「安牌」のカフェ飯を堪能した。

DSC02302DSC02305










DSC02342DSC02314










カンシーフーコロンス











(カフェ飯以外も食べたけどね。)

宿泊した宿のカフェには30種類以上のコーヒーがあり、やたらコーヒーばかり飲んでいたなぁ。

DSC02316











(中国国内でまともなコーヒーって見つけるの大変だからなぁ。特に辺境は。)


コロンス島は観光地なので、マクドナルドKFCなどのファースト・フードや海に囲まれているので広東料理っぽい「海鮮餐庁」(この辺は「福建料理」って言うんだろうなぁ)もたくさんあり食の選択肢は困らない。

SDC13520DSC_0477











路地裏には屋台に毛が生えたような店舗「小吃(小皿料理)」を供してくれて、軒先でそれらをつまみに呑む事も出来る場所がたくさんある。

DSC_0485DSC_0484DSC_0487











コロンス島のみの滞在だったら、多分僕はこんな路地裏で呑んだくれるのだろうなぁ。w

ごぞんじ。