ブログネタ
澳門 に参加中!
1990年代フィルム・カメラで撮ったマカオ市内。

「100年プリント」なんて銘打って画質が劣化しない事を売り物にしていた会社の物だが、20年も経たないうちに既に「セピア・カラー」。

レタッチ・ソフトで若干直したけれど、ヒストグラム自体から変えないとまともには見れないなぁ。

フィルム自体も傷がついたり劣化したりで、スキャナーで読ませても画像取り込みした物と五十歩百歩。

img049img046









「塔石球場前」                    「大砲台の麓の民家」

img047img050img048











「水坑尾街」        「マカオ・タイパ大橋」    「東望洋新街」




画像やフィルムが劣化する事が、皆デジタルに移行する原因のひとつでもあるんだよなぁ。


画像が劣化しないデジタルに感謝。

(でも、未だにチマチマとフィルム・カメラも使っています。極たまに。w)