ブログネタ
デジタル・アーカイブ に参加中!
台湾のディーバ張惠妹(A-MEI)の2010年新作コカコーラCMソング。

デビュー当時の安っぽいキャバクラ嬢ッぽい時も可愛いかったが、年輪を重た最近の張惠妹もいいねぇ。

このアーメイや最近また日本で活動を再開させたビビアン・スーも、地元原住民の血が入っていて(それぞれプユマ族・タイヤル族)で、その容姿のエキゾチックさが世界的な中華社会で受け入れられる要因何だろうなぁ。

 

日本では「色物」のような受け止め方をされているビビアン・スーなどは、中華社会では「エロ・セクシーなお姉様」のような扱いだ(日本人だと「杉本彩」みたいな位置かなぁ)。

世界的な中華社会で認められると言う事は、その受け手は本土中国や香港・マカオ・台湾・シンガポールのみならず、世界中に散らばる華僑を含めて15億人は下らないだろうから、そのマーケット規模は日本国内の比ではないのだろうが、コピーやギャラの不払いなどの問題以上にマスコミの攻撃から逃げながらチャイナ・マーケットと同様に稼げる日本で稼ぎたいのだろう。

そんなアーメイもワールド・ツアーで日本でもコンサートを開く。

日本進出を念頭に入れての事だろうか。

しかし若いなぁ。

アーメイは今年8月の誕生日で38歳だぞ。


バリバリにストライクだ。