ブログネタ
裏バリ に参加中!
バリ島JULY 2009 045








性懲りも無く夜通し(と言うか朝方まで)クタの「夜鷹」たちと交友を深め合い、酒もまだ抜け切らない早朝に宿でサービスの朝食を摂りアメドに向かう。

バリ島JULY 2009 005







クタを出発して30分ほどはバイパスを走っただろうか。

バリ島でも新しめの、しっかりと管理された道をこのまま飛ばせば3時間ほどでアンラプラ辺りまでたどり着けるのだろうが、せっかくバリ島でツーリングを楽しむにはあまりにも単調で順調な行程はチト物足りなく思い「Ketewel(キテウェル)」か「Rangkan(ランカン)」辺りでわき道に入った。

バリ島JULY 2009 008







どこをどう通ってここに辿り着いたのか覚えていないが「Sukawati(スカワティ)」周辺の小さな集落付属の寺院で行われている例祭に出会う。

バリ島の宗教儀式は全て地元の暦である210日周期の「ウク暦」で決められるため、一年に一度のお祭りも西洋暦に当てはめてると2年間に3回以上行われる換算になる。

その例祭も小さな村々ごとに行われるため、バリ島ではほぼ毎日どこかしらでお祭りが行われている。

バリ島の山村を縫うようにツーリングする魅力のひとつが、このような例祭に出会い・参加して、民族衣装を身に纏ったローカルの姿を目にすることが出来るからでもある。

そこでは決して「観光客向け」ではない、リアルな「神に捧げるためだけの踊り」を見ることが出来る。


バリ島JULY 2009 013







「レゴン」だな。