ブログネタ
ディープ・チャイナ に参加中!
広州に帰るフライトのため南寧の空港に着いたが、思っていたより早く到着してしまいボーディング・エリア内のカフェでアイス・コーヒーを注文して時間をつぶす。

中国本土もここまで来ると喫煙に対してのハードルも低くなり、国際空港ながらもスモーキング・ルーム以外にもボーディング・エリアの通路脇にあるレストランやカフェでは「禁煙席」はあるものの、喫煙席も言わずもがなあり、堂々とオープン・スペースでパープル・ヘイズ。


21世紀にありながら、このような「ゆるさ」がある街や土地の雰囲気が大好きだ。


システマティックに暮らすことは人間同士の軋轢を生む事を、どうして先進国の政治家は理解できないのだろう。

そして、それに追随する発展途上国の政治家たち。

悪循環だぞ。

禁煙とか、ECOとか、結果が確認できない未来の子孫への「他力本願」な政策に踊らされる精神的発展途上国の日本とか。

日本で一生を過ごす間に一人の人間が出す「ゴミ」の量は(その人個人のための経済活動による物も含めると)約150トン。


日本での一番のECOは人口を減らす事なのだ。

エコエコと、エコを標榜する方は自ら有機物から無機物に変化する事なのではといつも思う。

まぁ、僕がどうのこうの言える事じゃ無いか。w



実際は南寧のカフェで、そんな事を考えた訳ではなく、メールでも送ろうかと手にした携帯がカメラ・モードになっていて、間違ってシャッターを押した結果の画像がこれだっただけだ。


SBCA0290










(しっかし、缶コーヒーをグラスに注ぎ、氷を加えただけの「アイス・コーヒー」にRMB40(日本円で¥450)も取る中国本土辺境のプチ国際空港のカフェには驚かされたけれどね。w)